夜の洗顔方法の手順

水泡力

みんなが行っている夜の洗顔方法

夜の洗顔

 

朝の洗顔も大事ですが、もっとも大事と言っても過言でないのが、夜の洗顔です。
就寝前の洗顔は1日過ごして肌に付着した汚れをとったり、毛穴汚れを蓄積しないためにも重要です。
このページでは、一般の方が毎日行っている夜の洗顔方法と愛用しているアイテムをご紹介します。

 

私が行っている夜の洗顔の手順:Aさんの場合

夜の洗顔

 

夜の洗顔の場合は、一日で溜まった皮脂やホコリなどを落とさないといけないという事もあり、朝に比べても特に念入りに行います。
手順として、まずは顔をお湯で全体的に濡らした後に洗顔料を使い、皮脂を念入りに落としていくようにマッサージしていきます。
私はなるべく顔に古い皮脂を残しておきたくないという気持ちが強いので、ここでは割と力を入れて洗っていきます。
特に鼻の部分には皮脂が溜まりやすいですので、ここは念入りに洗っています。
その後は、なるべく泡が残らないようにしっかりと顔をすすいでいきます。
この時に泡が残ってしまいますと、後で肌荒れしてしまう事がありますので、すすぎはかなり念入りに行っています。
最後はタオルで濡れた顔をふき取っていきますが、この時は逆に乾燥しないようにふき取るようにしていてます。
個人的にはタオルでしっかりと水気を取りすぎてしまうと顔が乾燥してしまうといった経験を何度もしていますので、あまり強くふき取るような事はしません。

 

夜の洗顔後の化粧水はアクセーヌのモイストバランスローション

 

私もそうですが特に乾燥肌の人でしたら絶対に欠かせないのが、洗顔後のスキンケアだと思います。私の場合はまず化粧水をたっぷりとしみこませる事を大事にしています。
化粧水はアクセーヌのモイストバランスローションを使っていて、この化粧水のおかげで肌が随分潤いますし、肌の保湿を考えるのであれば化粧水は重要です。
化粧水を顔にしみこませた後は、少しでも綺麗になれれば良いなという事で、アクセーヌのADコントロールエッセンスという美容液を塗ります。
美容液は将来の老化防止には欠かせませんし、ヒアルロン酸もたっぷり入っているこの美容液を私は絶対欠かさないようにして付けています。
そして仕上げにはアクセーヌのミルキィジェルADという乳液を使っていまして、乳液自体にも保湿効果があるという事で、個人的にかなり気に入っています。
乳液を使う事により化粧水の潤い効果を最大限に発揮させる事が出来ますので、化粧水を使った際には絶対セットとして使うべきだと思います。

 

愛用している洗顔料はアクセーヌのリセットウォッシュ

 

私は化粧水を始め、美容液や乳液など基礎化粧品にはかなりこだわっていますが、その中でも一番こだわりが強いなと自分でも思っているのが洗顔料です。
というのも、洗顔して色々な物を落として敏感になった顔に最初に付けていくものという事もあり、中には肌荒れしてしまうものもあるからです。
これまで色々なものを試してきましたが、その中でも私が良いと思った洗顔料がアクセーヌのリセットウォッシュで、なんといってもこの商品は他と比べても泡立ちが凄く良いんですよね。
私は洗顔の際、どうしても泡立ちが気になる方で泡立ちが悪いと中々汚れが落ちないのではないかと心配に考えてしまう方なのですが、リセットウォッシュでしたらそんな事も無く、少し泡立てるだけで非常に泡立ってくれますし、洗顔した後は汚れがしっかりと落ちたつるつるお肌になりますので、ずっとリピートし続けています。
もちろん、人によって合う合わないはあると思いますが、少なくとも私にとっては使いやすいです。

 

 

Bさんが行っている夜の洗顔のコツ

夜の洗顔

 

摩擦による肌への負担に気をつける

 

夜は強い力で物理的に1日の汚れを落とそうとしたりリフレッシュしたくなりますが、堪えて不必要な摩擦を加えないように心がけています。
優しくするのはもちろん、泡が付着しているとは言っても手や指に付いている汚れも気になるので、いきなり洗顔し始めるのではなく、時間が無くてもきっちりと手洗いをしてから始めるようにしています。

 

また、一見綺麗に見えても朝から夜まで絶えず外気に触れていた肌には、目には見えない埃や細菌がたくさん付着しているので、まずはぬるま湯を使って全体を綺麗にしています。
水温は体温よりも高くならないように心がけ、シャワーを浴びたままの設定温度で進めていかないように注意しており、具体的には32度から34度程で長い時間をかけて触れていても難なく耐えられるほどです。
そして、水と空気を十分に含ませて泡立てた後は額から塗布し始めて、その後少しずつこめかみ付近まで広げていき、最終的には鼻の先端まで伸ばしていきます。
頬については新たに洗顔フォームを手に取ることはなく、残りの分だけで洗いすぎないように意識しています。

 

洗顔後の化粧水は素早く!

 

洗顔後は発汗により喉が渇いていたり、クールダウンのために何もせずに過ごしたくなりますが、自分を奮い立たせて脱衣所にある洗面台の前ですぐに化粧水を塗布する事を心がけています。
私のスキンケアの拘りはスピーディーに済ませることで、たった数分間塗布するのが遅れてしまうだけで染み込みにくくなってしまいます。
次に、美容液で栄養を与えた後に乳液を用いて蓋をするイメージで一連の行程を進めていきますが、美容液の成分については必ずセラミドとヒアルロン酸が配合されているタイプを手に取っています。
ヒアルロン酸は深層部の細胞にまで行き届くので、使い続けていると明らかに目の小じわやほうれい線が薄くなっているのを感じますし、内面から押し上げられているようなハリ感も実現できています。
また冬は特に乾燥するので最後に油分が多いクリームを薄く伸ばし広げるようにして、就寝中も朝まで乾かないようにスキンケアしています。

 

皮膚科推薦の洗顔料を愛用

 

以前、吹き出物が再発を繰り返したり乾燥肌によって粉を吹いてしまう事があったので、皮膚科医に相談した際にアドバイス頂いた洗顔石鹸を洗顔料として愛用し続けています。
市販品とは異なり界面活性剤が用いられていない事から脂分が全て取り払われている印象を感じず、洗い上がりでも良い意味でしっとりした間食がが残るので気に入っています。
また、日頃仕事柄比較的しっかりと濃い目のメイクを施すのですが、いわゆるクレンジングオイルなどは用意していません。

 

洗顔料とクレンジングを一緒にしているため別途で買い求めていないのですが、お肌に優しいのにも関わらずしっかりと落とし切る事ができています。
もし気になる時は二度洗いを実行していますが、一般的な品とは違い二度続けて洗ったとしてもヒリヒリとした痛みを覚えたり、乾燥を誘発してしまうことはなく続けて洗顔しても私は問題ありません。
最近はコラーゲンやローヤルゼリーという保湿効果が組み込まれているタイプも増えてきていて、尚更使い心地が良好で選ぶ楽しみも感じています。

 

※画像・イラストはイメージです。


page top