しわ対策に役立つ洗顔方法と洗顔料選び

しわ対策に役立つ洗顔方法

年齢を重ねると少しづつ気になりだす目元や口元などのしわのケアはスキンケアで美容成分や保湿成分などを持ち入る与えるケアが中心になると思います。
ただし、そんな毎日のスキンケアも洗顔のやり方によってはスムーズに働かない、肌自体に負荷をかけていたり、乾燥を招いてしまう場合があります。

 

しわ対策は与えるケアだけでなく、その前のケアに気を配ることも大切です。
こちらではそんなしわ対策の中での洗顔の役割やしわを予防するための洗顔方法、洗顔料選びのポイントについてお伝えします。

 

しわ対策のための洗顔とは?

しわ対策や予防をする上での洗顔の役割には不要な汚れや皮脂・古い角質を落とし素肌に戻すという基本的なポイントがあります。
これは、しわ対策のポイントである、肌にハリや弾力を与えるためのスキンケアの準備となり、洗顔後に行うスキンケアで化粧水の浸透など美容成分をスムーズに肌に届けて働かせる上でも重要な役割です。

 

また、しわが目立ちやすい目元や口元は皮膚が他の箇所よりも薄いため、力加減によっては負荷がかかりやすくなります。
そのためしわ対策のためには洗顔時に乾燥を進行させない洗い方や洗顔料選びによって肌の柔軟性を損なわせないことも大切です。

  • 洗いすぎによる皮脂の落としすぎが影響する肌の乾燥
  • 洗顔料自体の影響による乾燥
  • 洗顔方法自体が影響する乾燥

以上のような乾燥を招きやすいポイントを意識しながら毎日の洗顔に取り組むことで、洗顔による肌への負担、しわの原因となる点を減らすことに繋がります。

 

しわと乾燥の関係

なぜ乾燥がしわの原因になると言われているのかというと、年齢を重ねると皮脂量自体が減少し慢性的な乾燥肌になりやすいことが関係しており、肌の潤いを保つ力が20代と比べると弱くなります。

 

肌が乾燥すると、肌のキメや保湿をサポートする成分が不足し、水分量を保つことが難しくなります。この状態は乾燥するだけでなく、肌の柔軟性も失わせてしまいます。
そのため、外部からの刺激に対して影響を受けやすく、表情じわなどが付いた時に元に戻ろうとする力が弱くなってしまいます。

 

洗顔による摩擦がしわの原因になる場合も

さらにお肌の弾力やハリを支える真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンは年齢とともに減少します。この状態で泡立て不足で摩擦を起こしてしまう、もしくは力を入れすぎてこすってしまったり、必要以上に負荷がかかることで、真皮層にダメージを与えてしまい、深い真皮層のシワの原因となるケースもあります。

 

しわ対策の洗顔方法の基本

しわ対策を行う上での洗顔の基本は先にお話ししたように乾燥を進行させない、そして摩擦による負荷を与えずに不要な汚れと古い角質を取り除くこととなります。

 

乾燥を招きやすい洗い方

洗顔の中で乾燥を招きやすい洗い方には

  • すすぎ時の水の温度
  • 洗顔料の使いすぎ
  • 洗顔料の泡立て不足による影響
  • 摩擦によって必要以上に皮脂や保湿成分を落としてしまっている
  • 洗顔料を乗せている時間が必要以上に長い

これらに注意する必要があります。
当サイトでもご紹介しているNGな洗顔習慣でもお伝えしていますが、すすぎの温度や洗顔料の泡立て方、洗い方によって肌から必要な皮脂や保湿成分まで落としてしまうことに繋がります。

 

すすぎの温度は冷たすぎず、熱すぎない、ぬるま湯で行い、洗顔料を使用する場合はしっかりと泡立てを行い、優しく素早く洗うことを意識する必要があります。

 

肌に負荷をかけやすい洗い方

乾燥を招きやすい洗い方の中には肌自体に負荷をかけてしまう場合もあります。

  • 顔をすすぐ時に肌をこすってしまっている
  • 洗顔料を顔に馴染ませる時にしっかりと汚れを落とそうとしすぎて力が入っている
  • 手早く終わらそうとしてゴシゴシ洗いになっている

これらは肌表面だけでなく、真皮層にも負荷をかけてしまう可能性があります。

 

 

年齢を重ねると肌の水分量と共に皮脂量も少なくなる傾向にあります。この状態でNGな洗顔習慣を行うことは肌の老化を早めてしまいやすくなります。
洗顔は毎日行う最初のスキンケアでもありますので、丁寧に肌のことを考えた洗い方を心がける必要があります。


 

しわ対策のための朝と夜の洗顔と洗顔料の選び方

朝の洗顔ポイント

朝の肌は寝ている間の皮脂の分泌と寝具などから付着するホコリやゴミ、さらに寝ている間に生まれ変わっていく肌の古い角質が存在しています。
ただし、夜の洗顔時よりも顔の汚れ自体は少ない状態ですので、必要以上に洗いすぎることに注意する必要があります。

 

特にしわが気になりだす年代は皮脂の分泌量も少なくなってきますので、慢性的に乾燥しやすい状態ですので、夜と同じような洗顔料を使用すると乾燥を感じやすくなる場合があります。

 

乾燥が気になる時には、あえて洗顔料を使わずぬるま湯で行う水だけ洗顔や、洗浄成分が含まれていないふき取り系の洗顔料といった皮脂を落としすぎずに潤いを保つ洗顔と洗顔料選びがポイントです。

 

洗顔石けんによる洗顔も良いですが、乾燥しやすい年代の場合、洗いすぎてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

 

洗顔料を使用する場合には、しっかりと泡立てることと優しく洗うことに加えて、目元や口元などしわができやすい箇所は泡を乗せておくだけといった、とにかく摩擦と乾燥を避けて洗うことをおすすめします。

 

夜の洗顔ポイント

夜はメイクをされる方にとってはクレンジング、洗顔と肌の乾燥を招きやすい工程が重なります。
特にW洗顔をする場合には、泡立ちの良さといった点も重要ですが、泡切れの良さなどできるだけ肌が無防備でいる時間を少なくすることが大切です。

 

クレンジング後の肌に多くのメイク残りやクレンジング剤が残ってしまう状態の肌を洗顔料だけで洗おうとすると、時間もかかりますし、こすってしまう原因にもなりやすいため、メイクの濃さや使用するメイクアイテムに合わせたクレンジング剤をベースメイク、ポイントメイクとで使い分けることも短い時間で、こすらずにメイクを落とすポイントになります。

 

洗顔料も肌に保湿成分が残るしっとりとした洗い上がりよりも、その後のスキンケアでのお手入れを考えて、不要な油分を肌に残さずスキンケア化粧品の浸透を邪魔しない洗顔料で洗うことでしわ対策の美容成分などをスムーズに働かせることができます。

 

 

洗顔の基本は肌の不要な汚れなどを落とすことです。
逆に言えば、それ以上でもそれ以下でも無いという考え方もできます。

 

そのため、必要以上に美容成分を与えるといった洗顔よりもシンプルに汚れを落として、肌に洗浄成分が残りにくく、スムーズにすすぎが行える洗顔料の方が、その後のスキンケアにも影響が少ない点が多いです。


 

しわ対策の朝の洗顔は洗わない洗顔料もおすすめ

朝の洗顔は、洗いすぎによる乾燥を招きやすいです。そのため、洗顔料自体を使用せずに洗う水だけ洗顔をしている方も多いですが、それだと、古い角質や毛穴の汚れが落とせているか気になることがあります。

 

そんな時には、肌の潤いと皮脂を残しながら、汚れを落とせる洗顔料に注目してみるのもおすすめです。

 

 

保湿を徹底したい方におすすめのスキンケアセット

毛穴・くすみ・乾燥肌に悩む方におすすめしたいのがオルビスユーの洗顔料・化粧水・日中保湿液・夜用保湿液のトライアルセットです。
1週間分使えるトライアルセットが1,296円で購入できるので、毛穴やくすみ、乾燥に悩まされている方に試して頂きたいスキンケアセットです。

 

 

 

今注目の朝洗顔料「マナラモイストウォッシュゲル」

マナラモイストウォッシュゲルの大きな特徴は洗顔料に含まれている洗浄成分を使用せずに、酵素の働きと美容成分で汚れを落とすという発想です。
たんぱく質分解酵素でもあるパパイン酵素をカプセル化して配合することで、毛穴や古い角質に詰まった角栓、角質を分解しながら落とし、肌表面の汚れもパパイン酵素とコラーゲンなどを含んだゲルが絡め取っていきます。

 

マナラモイストウォッシュゲルの美容成分は全体の97.5%を占めており、汚れをふき取りながら肌に潤いを補い、乾燥を感じさせない洗い上がりとなっています。
洗顔の常識でもあるしっかりと泡立てるという工程ではなく、洗わない洗顔という発想で朝の肌の汚れを優しく落としてくれるため、乾燥によるしわが気になる方の朝の洗顔でも活躍してくれます。

 

朝の洗顔料総合ランキング


注目!おすすめ洗顔セット

ニキビ・大人ニキビを繰り返したくない人におすすめの洗顔セット


トップへ戻る