洗顔ブラシの効果と正しい使い方・お手入れ方法

洗顔ブラシ

洗顔ブラシは洗顔アイテムとして手で洗うのとはまた違った洗浄効果が期待できることもあり、ニキビケア洗顔などに用いられることも多いですよね。
でもブラシで肌を洗うとなると、肌への刺激や負担は大きくないのか?という疑問を感じる方も多く、気になるけど躊躇しているという方も少なくありません。

 

こちらではそんな洗顔ブラシを使うことで期待できる効果や肌に負担をかけない正しい使い方やお手入れ方法、さらには電動ブラシや熊野筆といった洗顔ブラシの種類の特徴についてご紹介します。

 

洗顔ブラシの効果

ムラなく洗える洗顔アイテム

洗顔ブラシの一番の特徴でもあるのが、ブラシで顔全体をムラなく洗えるというのがポイントです。
手で洗うのは力加減をコントロールしやすく負担は少ないですが、どうしても肌の凹凸や細かな箇所の洗い残りやムラが出る場合があります。

 

洗顔ブラシは細かな毛先で1か所に負荷をかけずに洗うことができるため、通常の洗顔よりも肌をキレイに洗うことができます。

 

摩擦を減らして洗える

洗顔ブラシの毛先の形状にもよりますが、指で擦るように洗ってしまう洗い方をしている方にとっては、洗顔料をしっかりと泡立てることで、洗顔料と柔らかな毛先によって肌をこすらずに摩擦による負担を起こさずに洗えます。

 

毛穴洗浄の効果

細かな毛先は手では洗えない肌の凹凸にも入り込み汚れをかき出してくれます。
そのため、毛穴が気になる方も強くこするように洗わなくてもキレイに洗えることもあり、洗いすぎによる乾燥を防ぎながら優しく毛穴ケアができるのも特徴です。

 

そのためニキビケアアイテムに洗顔ブラシが付属されていることが多いです。

 

マッサージ効果

弾力のある毛先の優しい刺激は肌の血行を良くする働きなど、マッサージ効果も期待できます。
手で洗う時には届かない場所なども刺激することができるため、洗浄効果と共に新陳代謝をアップさせる効果も期待できます。

 

スキンケア化粧品の働きをスムーズにする

洗顔ブラシで、不要な皮脂や汚れ、古い角質を落とすことによって素肌にリセットしやすくなるため、その後に行うスキンケア化粧品の働きをスムーズにしてくれる効果も期待できます。

 

洗顔ブラシの使い方・洗顔方法

  1. 予洗いをする
  2. 洗顔ブラシを濡らす
  3. 洗顔料を泡立てて顔に乗せていく
  4. 洗顔ブラシを使って顔全体に広げていく
  5. ぬるま湯ですすぐ

乾燥したブラシは肌に不要な刺激を与えてしまう可能性があるので、洗顔ブラシを使う時にはブラシ部分を濡らすのを忘れないように注意します。
また、マッサージ効果を期待して時間を洗うのに時間をかけすぎないように注意して、洗顔料を乗せている時間は長くても1分ほどで終わるようにしましょう。

 

洗顔ブラシでの洗顔の注意点

強くこすらない・力を入れすぎない

キレイにしようとしすぎる意識が強すぎて不要な力が入り、肌に負担をかけてしまう場合があります。
毛先の弾力を活かして優しく洗いましょう。

 

洗いすぎは乾燥を招くだけでなく、皮膚を傷めることによる赤みにも繋がります。

 

洗顔の時間に注意

洗顔料には洗浄成分が含まれており、肌に乗せている間、皮脂を落としてしまいます。
洗顔ブラシでの洗顔は気持ちが良いですが、長い時間洗うのは乾燥に繋がるので、通常の洗顔と同様に洗顔料を乗せている時間は1分くらいまでに留めておきましょう。

肌のコンディションによっては刺激になる場合がある

肌のコンディション(ニキビが炎症を起こしている・敏感肌がひどい)によってはブラシ自体が刺激となる場合もあります。
特にニキビケアに付属しているブラシを使う時にはニキビ自体を刺激したり、潰してしまわないように注意、もしくは使用を避けた方が良いケースもあります。

 

洗顔ブラシのお手入れ方法

洗顔で使用した後は、洗面器にお湯を溜めて、毛先を揉み洗いします。
この時に強く洗うと筆タイプの場合、毛先が開いたり劣化したりする可能性があるので、優しく丁寧に洗顔料を落としましょう。

 

洗い終わったら毛先に向かって絞り、水気を落とします。
最後に乾いたタオルで包み込むように水分を吸収します。

 

風通しの良い場所に吊るすなどして、毛先が濡れた場所に触れないように保管しましょう。

 

洗顔ブラシの種類〜熊野筆と電動タイプの特徴

洗顔ブラシの種類で有名なのが、熊野筆と呼ばれる毛筆ブランドと、電動タイプの洗顔ブラシです。

 

熊野筆などの毛筆系タイプ

熊野筆のような毛筆系ブラシは種類も多く、価格も品質によって様々です。
注意したいのが、動物の毛などを使用している場合と化学繊維のタイプがあるため、品質によって化学繊維タイプは肌に刺激を与えてしまう可能性があります。

 

熊野筆のようなタイプは、肌触りの良さが最大の魅力です。ファンデーションなどのブラシとしても使用されることが多く、肌に刺激を与えずに使えます。
ただし、劣化していくスピードは化学繊維のものや電動タイプに劣るため、定期的な買い替えが必要になります。

 

電動タイプの洗顔ブラシ

電動タイプはヘッドの形状が様々でシリコンやブラシなど幅広いのが特徴です。
プロアクティブなどはこちらの電動タイプの洗顔ブラシでしたね。

 

電動タイプの魅力は手では出来ない超高速の振動によって汚れを落とす働きです。
肌とヘッドの素材の相性が良ければ、かなり使っていて肌がキレイになると感じられます。

 

ヘッド部分の交換をすることで品質の劣化を避けることができ、お手入れもしやすいのがメリットと言えます。
ただし、購入金額自体は筆タイプよりも高い傾向にあり、初期費用としては電動タイプの方が高くなりがちです。

 

熊野筆と電動タイプの特徴まとめ
  • 手軽さは熊野筆
  • 機能性の幅は電動タイプ
  • 肌への刺激は熊野筆がコントロールしやすい
  • お手入れのしやすさは電動タイプ
  • 価格は熊野筆の方が抑えられる

 

 

洗顔ブラシは手では感じられない洗い上がりのサッパリとした感触と、化粧水などを付けた時の浸透力に違いを感じられるという方が多いです。
ただし、やりすぎや時間のかけすぎは肌の乾燥を招きやすいので、注意したいですね。


 

朝の洗顔料総合ランキング

 


注目!おすすめ洗顔セット

ニキビ・大人ニキビを繰り返したくない人におすすめの洗顔セット


トップへ戻る