オーガニック 洗顔

水泡力

オーガニック洗顔は朝洗顔におすすめ?洗顔料の選び方は?

オーガニック洗顔

オーガニック洗顔料は自然原料を使用し、化学成分を不使用、もしくは最低限の使用に留めて肌に余計な負担を与えないことをテーマにした洗顔です。

 

こちらではそんなオーガニック洗顔料を使った洗顔は朝の洗顔にもおすすめなのかをお伝えしたいと思います。

 

オーガニック洗顔の魅力

オーガニック洗顔の魅力はやはり、有機栽培や自然原料を用いて作られた洗顔料なため肌への刺激が少ないという点です。
というのも敏感な肌にとっては化学成分に反応してしまうことも少なくありませんよね。

 

オーガニック洗顔料はこの化学成分を不使用、もしくは極力使わないということが特徴でもあり、今まで化学成分によって刺激を感じている方にとっては使いやすい点が挙げられます。

 

天然の界面活性剤によるメリットが得られる

合成界面活性剤は肌に残ると刺激や肌トラブルの原因にもなります。
対してオーガニック洗顔料に多い石けんは、植物性・動物性油脂を使用した天然の界面活性剤で、すすぎで分解されていき、肌に残りにくく影響が少ないというメリットを得られやすいです。

 

肌を育てる洗顔

オーガニック洗顔のもう一つの魅力が肌を育てる洗顔という点です。
これは、一般的な洗顔料の多くは化学成分もそうですが、美容成分、保湿成分など使い勝手や洗い上がりの良さを追求していることもあり、肌の現在の状態がわかりづらくなる傾向にあります。

 

これは保湿成分によって、肌表面をしっとりとさせる、つっぱり感を減らすといったわかりやすい点や添加物によって泡立ちを良くする、香りを良くするといった使い心地などにも関わります。

 

オーガニックにこだわった洗顔料はこれらを自然原料によって補って作られているため、効果自体は化学成分よりも抑え目です。
そのため、洗い上がりの肌の感触は肌本来の状態が出やすいこともあり、初めて使う方にとっては違和感を感じるものの、使い続けることで肌自体を育てることにも繋がります。

 

逆に今まで化学成分による使い心地や洗い上がりに慣れていれば慣れているほど、違和感を感じやすいため、使い始めにつっぱりを感じたりすることで、継続できなかったという方も少なくありません。

 

オーガニック洗顔は朝の洗顔にもおすすめ?

オーガニック洗顔料を使った洗顔は、朝の肌の汚れを落としながら余計な成分を含まない分、素肌へと戻してくれます。
このメリットは余計な保湿成分によって肌に油膜ができてしまうこともあり、スキンケア化粧品の働きに影響を与える場合があります。

 

オーガニック洗顔料にはこういった添加物を含まない、もしくは最低限の使用に留めていることから内容はシンプルです。
また、保湿成分なども植物由来のものを採用していることもあり、適度に潤いを留めながらもしっかりと洗えるという点では、朝の洗顔にも使いやすい洗顔料と言える点が多いです。

 

オーガニック洗顔の弱点

オーガニック洗顔は使用感が優しいというよりも、肌に対して余計な成分による刺激を与えず、洗顔本来の役割を果たし素肌に戻すというのが特徴ですので、使い心地や洗い上がりの感触は、洗顔フォームなどの方が、良いと感じることが多い点もあります。

 

この洗った後のつっぱりや添加物を使用して作られている洗顔と比較した時の泡立ちにくさなどは、余分な成分を含まないから感じることですが、慣れるまではちょっと違和感を感じることも多いかもしれません。

 

また、オーガニック洗顔料はハンドメイドなど製法にもこだわっているものが多く、既製品と比べると価格が高くなってしまうことがあるのが、使い続けたいけど続けられなかったという点に繋がる場合があります。

 

オーガニック洗顔が合う肌質とは?

オーガニック洗顔は原料自体にアレルギーがある方以外はどんな肌質の方にも使えるものの、保湿成分の含有量は洗顔フォームなどには及ばないため、乾燥肌や敏感肌の方には洗い上がりのつっぱりや石けんによる肌のPh値の変化といったものを感じることがあります。

 

これは肌自体の状態を表している状態でもあるので、使い続けることで肌自体が育つというメリットはあるものの、短期的に考えると肌への負担が大きくなったように感じる方もいるため、すべての肌質に使えるように作られているが、使い心地については人を選ぶ可能性があるということを理解してくと良いかもしれません。

 

特に敏感肌・乾燥肌といった方はオーガニック洗顔料に多い石けんによる肌のPh値の変化が刺激やつっぱりを感じる可能性があります。

 

オーガニック洗顔料の選び方

エコサートなどオーガニック認証を取得している

日本では現在、食品と違い、化粧品のオーガニックに関するガイドラインは統一されていないため、各メーカーの判断や考えによって違いがあります。
そのため、オーガニックに対する考えが浸透している海外の認証団体からオーガニックと認められている洗顔料は一定の基準をクリアしているという目安になるので、チェックするとわかりやすくなります。

 

フランスのエコサートやオーストラリアのACO、ヨーロッパのNaTrue、ドイツのBDIH、アメリカのUSDAなどが有名ですが、ヨーロッパには様々な認証団体が存在しており、それぞれが独自の考えの元、オーガニック認証を行っています。

 

そのため、オーガニック認証を受けているのはもちろんですが、認証を受けた団体がどんなガイドラインによって認証を決定しているのかを確認することも大切です。

 

使用する成分はメーカーによって違いがある

ポイント1でもお伝えしましたが、日本にはオーガニック化粧品に対する統一的なガイドラインが無いため、各メーカーの考えが大きく影響してきます。
例えば、少しでもオーガニック原料を使用していることで、オーガニック化粧品として謳っていたり、オーガニック原料を使いながら、一定の化学合成成分を使用しているといった場合もあります。

 

これらは、ガイドラインが無いことによる弊害ですが、使用感を良くするといった目的もあるため、あくまで購入される方が自分にとって影響がある成分が含まれていないかを確認することも大切です。

 

トライアルセットを試す

オーガニック洗顔料は自然原料を使用しています。そのため、自然原料自体のアレルギーがある場合も考えられる他、化学合成成分を含まないことによる使用感が合わないといったこともありますので、まずはトライアルセットで肌に合うかを確認しましょう。

 

 


page top