朝 洗顔 NG

水泡力

肌を老けさせてしまう洗顔方法・朝の洗顔NG習慣

洗顔のNG習慣

多くの方が毎日朝起きて行っている洗顔ですが、お肌のために洗顔料を使う・使わないといった考えもありますが、それよりも普段何気なくやってしまいがちで、しかもお肌にとっても負担がかかってしまう洗顔におけるNG習慣をおさらいしましょう。

 

評判の良い洗顔料を使っているのに、どうもお肌の調子が良くならないなと感じている方は間違った洗顔が影響しているかもしれません。

 

ついやってしまいがちな朝の洗顔NG習慣

洗顔前の手洗いをしない

朝の洗顔時に多いのが、洗顔前の手洗いをしないまま洗顔を始めてしまうことです。
前日に手を洗って寝ていても、そこから時間も経っていること、その間に色々な場所に触れていることもあり、目には見えない雑菌に触れていることになるので衛生面でも気になりますが、手自体が汚れていると洗顔料を泡立てる時に汚れに反応してしまい、泡立ちが悪くなってしまいます。

 

高い温度のお湯・冷たすぎる冷水でのすすぎ

洗顔時のNG習慣ではとても多いと言えるのが、すすぎの水の温度です。
このすすぎの水の温度によって肌の乾燥を招いてしまっているという方がとても多いです。

 

熱いお湯は肌から皮脂を必要以上に落としてしまいます。
人の体温は36度くらいが平均的で、肌の温度は約32度くらいと言われています。

 

そのため、皮脂が溶ける水の温度は30度〜32度ほどで溶けだすと言われているため、35度くらいのお湯になると皮脂が落ちやすくなってしまい、洗顔料を使う場合さらに脱脂力によって皮脂が落とされてしまい、洗い上がりの肌が乾燥しやすくなってしまいます。

 

逆に冷水でいきなりすすぐのがNGな理由は肌への刺激や毛穴の収縮が関係しています。
冷水を浴びた肌は急激な温度の変化によって肌自体も温度が下がります。この時に血管が収縮し血流が減る場合や刺激を受けた肌が毛細血管が開いてしまい、赤ら顔など顔の赤みに繋がる場合があります。

 

また、毛穴が一時的な収縮をすることで、毛穴の汚れが落としにくくなる他、皮脂や汚れが落としにくくなる場合もあるので、すすぎの時の温度は熱すぎない30度くらいのぬるま湯で行うのが余分な皮脂や汚れを落とすのに適していると言われています。

 

冷水を使った洗顔方法もありますが、これは肌の血行を良くする、毛穴の引き締めといった効果が期待できると言われていますが、お肌への刺激や汚れを落とすという点では仕上げに冷水ではなく、ぬるま湯よりも低めの水ですすぐ程度にしておくことをおすすめします。

 

予洗いをせず乾いた肌に洗顔料を付ける

朝の洗顔時の肌には夜のお肌よりも汚れ自体は少なく、洗顔料を乾いた肌につけると必要以上に肌の皮脂を落としてしまうこと、摩擦を起こしてしまうことに繋がります。

 

洗顔料は泡立てを行い、水分を含むことで弾力のある泡になります。

 

朝の肌は肌表面のホコリや汗、皮脂を落とすのが目的ですので、予洗いでまず肌表面の汚れを落とすことで、洗顔料の泡が毛穴など水だけで落としにくい箇所にアプローチしやすくなります。

 

泡立て不足で洗顔料を肌に付ける

ポイント3の予洗いをせず乾いた肌に洗顔料を付けるのと理由は似ていますが、洗顔料は泡立てをしっかりと行うことで機能を最大限に活かせます。
泡に含まれる成分を肌の凹凸、毛穴に入り込ませて汚れをかき出していくというイメージですが、これを泡立て不足で行うと、顔の肌と手で摩擦が起きやすくなります。

 

さらに洗顔フォームの場合は、洗顔料自体が毛穴に入り込んでしまうことにも繋がるため、肌には良くないです。

 

キレイにしようとゴシゴシと擦る

以前はテレビCMでよく見かけましたが、ゴシゴシとこするように洗うのは摩擦が強すぎるため避けましょう。
特に皮脂やニキビが気になるという方が丁寧に洗顔をしようとしすぎて洗いすぎているというケースもあります。

 

これは肌の乾燥を招きやすいこともあり、かえって皮脂の過剰分泌繋がってしまいます。

 

あくまで泡立てをしっかりと行い泡のクッションで洗う意識を持って優しく洗いましょう。

 

洗顔料で洗っている時間が長い

洗顔料を肌につけてから長い時間マッサージをするように洗うのは皮脂を落としすぎることにも繋がりますし、泡自体が汚れを含んで小さくなっていきクッションの役割を果たせなくなります。

 

洗顔料自体の脱脂力や洗っていない箇所の水分が蒸発するなど、乾燥しやすくなるので、洗顔料を付けてからは長くても1分くらいまでにはすすぎを行うようにしましょう。

 

すすぎ不足

洗顔料が肌に残ってしまうと肌の乾燥を招きやすくなります。さらに汚れを含んだ洗顔料の成分によって肌トラブルにもなりかねないため、すすぎは丁寧にしっかりと行いましょう。

 

特に洗顔フォームを使用している場合はすすぎの回数は多めに行うことをおすすめします。
こすらずに水ですすごうとした場合、20回くらいすすがないと洗顔料は落ちていきにくいです。髪の生え際、Uゾーンなどのすすぎ残りにも注意です。

 

回数の目安はあくまでも使用する洗顔料や顔のサイズによってかわりますので、まんべんなくすすぎ残りが無いように意識して行うというのがポイントですね。

 

タオルドライでこする・清潔ではないタオルで拭く

せっかく丁寧な洗顔をしてもタオルでこすってしまっては意味がありませんね。
特に洗顔後の肌は皮脂量が少なく、外部からの負荷には敏感で弱いです。

 

ニキビなどが気になる方の場合は刺激にもなりますので、優しく押し当てるように水分を吸い取っていきましょう。

 

また、清潔ではないタオルは雑菌の温床となりやすく、せっかくキレイにした肌に菌がついてしまうということも考えられますので、洗顔に使用するタオルはできるだけ清潔なタオルを使用しましょうね。

 

1日の洗顔の回数に注意!洗い過ぎによる乾燥

汗をかくのが嫌いという方や暑い季節はつい何度も洗顔してしまうことってありますよね。
これも洗顔によって肌を乾燥させてしまう原因の一つです。

 

基本は朝と夜の2回を目安にして気になる時は3回までに留めるようにするのがお肌にとっては良いです。
もちろん汚れてしまった時などは仕方ないですが、それだけ洗顔料を使って顔を何度も洗うことによる乾燥を招きやすいと言えるわけですね。

 

お風呂での洗顔の注意点

夜の場合はクレンジングをしながらそのまま洗顔までという方や朝でも起きたらまずはシャワーという方も多いかと思います。
この時に注意したいのが、洗顔を行う順番とすすぎ方法です。

 

洗顔を行う順番で肌の乾燥を抑えられる

洗顔を入浴の最初にしているという方も多いですが、実はこの最初に洗うことで、肌の乾燥を招いてしまっている可能性もあります。
というのも洗顔後の肌は皮脂も落ち、保湿力自体は低下しています。この状態で顔は入浴中は濡れていて、少しづつ乾いていきます。
この蒸発と濡れるを繰り返すことで肌の乾燥を招いてしまう場合があります。

 

おすすめは、入浴の最後に行い顔についたシャンプーやコンディショナー成分も落として肌をリセットし、お風呂から出たらすぐに化粧水をつけることで無防備な状態でいる時間を短くすることができます。

 

シャワーでのすすぎは肌に刺激が強い場合も

眠い朝にシャワーで顔をすすぐのはとても気持ちが良いですが、シャワーの水圧が強く、体を洗う時の水の温度(40度くらい)で顔をすすぐと皮脂はどんどん流れてしまい、刺激となってしまいます。

 

お風呂で顔を洗う時には水温を下げてから手で水をすくってすすぐようにすることをおすすめします。

 

老け肌を招く可能性があるNGな洗顔法による肌トラブル

間違った洗顔方法やNGな洗顔方法を行っていることでおきやすい肌トラブルには

  • 乾燥
  • ニキビ
  • しわ・たるみ

これらが挙げられます。
乾燥はすすぎの温度による影響とこすりすぎによる皮脂の落としすぎが原因で、さらにこの乾燥によって皮脂が過剰に分泌されてしまうことで毛穴がつまりやすくなりニキビに繋がる場合があります。

 

さらにゴシゴシと洗う習慣は乾燥を招き弾力性が失われた肌をさらにこするといった悪循環を招く事で、肌表面の表情しわに加えて、真皮層にまでシワが刻まれてしまう、もしくは、肌の弾力性が失われてしまい、たるみに繋がってしまう可能性があります。

 

 

NGな洗顔方法は毎日続けることでさらに習慣化して肌に負荷をかけてしまうことになります。
ご紹介していることは基本とも言えることにも含まれますので、自分の普段の洗顔方法と比較して改善ができる点は早めの改善を行って肌への負担を減らしましょう。


 

正しい朝の洗顔方法をチェック


page top