マツエク 洗顔

水泡力

マツエクに負担をかけずに長持ちさせる洗顔方法と洗顔料選び

マツエク

マツエク(まつ毛エクステンション)は目元の印象を華やかにしてくれる人気の美容法の一つです。
見た目の印象を変えることはもちろん、マツエクをすることで、マスカラで一生懸命盛っていたという方もメイクの手間が減らせるメリットなど、興味を持っている方は多いですよね。

 

そんなマツエクも永久に保てるわけではなく、日々のお手入れが必要です。
メイクの仕方、クレンジング、洗顔など実際にマツエクに触れる行為は、やり方によっては取れてしまった、量が減ってしまうことも少なくありません。
間違ったお手入れはマツエクだけでなく、まつ毛自体にも負担をかけてしまいますので、注意が必要です。

 

こちらではマツエクを長持ちさせ、まつ毛にも負担をかけずに洗顔を行うためのポイントと洗顔料選びについてお伝えしています。

 

マツエクを長持ちさせる洗顔方法と注意点

目元以外は通常の洗顔でOK

目元以外は通常の洗顔方法で問題ありません。洗顔をよく泡立てて摩擦を起こさないように注意しましょう。
すすぎ時の水の温度は熱すぎるお湯ですすぐのではなく、ぬるま湯ですすぐようにしましょう。

 

洗顔中の摩擦は禁物・目元は泡を乗せるだけ

朝の洗顔ではクレンジングをするわけではないので、目元は泡を乗せるだけで汚れを吸着させるように洗います。
まつ毛の根元に触れないようにまぶたに泡をなじませるように、同じ目元ですが、まつ毛付近とまぶたは別の箇所というイメージで洗います。

 

マツエクの仕組みはまつ毛の根元付近にグルーと呼ばれる専用の接着剤を使って付けていきます。
そのため、負荷に弱く、横や縦の摩擦にも弱いです。

 

すすぎの時の指先での負荷に注意する

泡を乗せてやさしく洗うことを意識しながらも、ついすすぎの時に負荷をかけてしまう場合があります。
特に指先でまつ毛をこすってしまわないように意識してすくった水に顔を浸すようにすすぎましょう。

 

タオルの摩擦は注意が必要

洗顔後のタオルドライは水分を含んだ状態のまつ毛やマツエクに負担をかけやすいです。
こするように拭くと取れてしまうことが多いので、優しく押し当てるように水分を拭く取りましょう。

 

洗顔をお風呂で行う、もしくは通常の入浴時にはシャワーにも注意する必要があります。
水圧による負荷によってマツエクが取れてしまうこともあります。

 

マツエクに負担をかけないクレンジング

マツエクをしている時に一番注意しなければいけないのがクレンジングです。
クレンジングは目元のメイクを落とす必要があるため、どうしても負荷がかかりやすく、取れてしまった、ボロボロになったということが多いです。

 

目元専用のクレンジングを使う

ベースメイクを落とすのとは別に目元専用のクレンジングを使用することで、アイメイクを落とす時間を短縮して負担を減らします。

 

オイルクレンジングは避けた方が良い

マツエクを接着しているグルーは油分に弱いため、基本はオイルフリーのクレンジングを使うのが望ましいです。
クレンジング剤によっては一般的なグルーに対して影響が無いと発表しているクレンジング剤もあるので、使用前にはチェックする必要があります。

 

ただし、それでもマツエクを長持ちさせることを考えるとオイルフリーのクレンジングを使用する方が、グルーへの影響が少なく使いやすいと思います。

 

マツエクにも使いやすいのはオイルフリーのリキッドタイプ、水溶性のジェルがおすすめです。

 

コットンではなく綿棒を使用する

実際にアイメイクを落とす時にはコットンでは無く、綿棒を使用して、少しづつ落としていきましょう。
コットンでそのままアイメイクを落とすとコットンの繊維に引っかかってしまう場合があります。

 

メイクを落とす場合にはまつ毛の下にコットンを置き、綿棒を根元から毛先に向かってなでるように優しく動かします。
コットンにメイクを移すようなイメージで負荷をかけないように注意します。

 

手順は

  1. アイホールを先に落とし拭き取る
  2. 綿棒を使って目の際を落とす
  3. まつげに付着したメイクやクレンジング剤を綿棒とコットンを使って落とす

これを基本として負荷をかけず、こすらないように注意しながら、クレンジングを行いましょう。

 

洗顔・クレンジング後はドライヤーで乾かす

タオルドライをした後のマツエクは水分を含んでいるため、重たくなっています。さらに、湿気はグルーにも影響があるので、洗顔やクレンジングを終えた後はドライヤー(弱い風)で乾かします。

 

マツエクをしている時の洗顔料の選び方

マツエクをしている時の洗顔料はクレンジングと同じく油分が多いタイプのものは避けた方がマツエクに影響を与えないのでおすすめです。
また、スクラブ入りなどもマツエクに入り込んでしまうなど、すすぎがしにくい点もあるので、避けた方が良いです。

 

石けんは油分量が少なく、界面活性剤が肌に残らずに泡切れも良いので、すすぎに時間をかけてマツエクに負担をかけるのを減らすことができます。

 

>>おすすめの洗顔石けんはこちら

 

 

マツエクをしている時の洗顔・クレンジングはこすらないこと、そして油分はできるだけ避ける、しっかりとアフターケアをする、この三つが長持ちをさせるコツと言えます。
せっかく1カ月くらい持つと思っていても、日々の過ごし方によっては2週間くらいで取れてしまったという方も少なくありませんので、注意したいですね。



page top