メイクしたまま寝た 朝 洗顔

水泡力

メイクをしたまま寝てしまった!次の日の朝の洗顔の注意点と洗い方

メイクしたまま寝た次の日の朝の洗顔

仕事や飲み会で遅くなりうっかりメイクをしたまま寝てしまった、という女性も多いと思います。しかし、メイクを落とさずに眠ってしまうと肌トラブルの原因になってしまうため、できれば避けるようにすることが大切です。それでも寝てしまった場合には、次の日の朝にケアすることが重要になります。

 

ただでさえ肌にダメージがあるため、朝の洗顔を行うときにも注意が必要です。
こちらではメイクをしたまま寝てしまった翌朝の洗顔で注意するべき点や洗い方についてお伝えします。

 

メイクをしたまま寝てしまった翌朝のクレンジングと洗顔

クレンジングのポイントと注意点

肌のダメージに与えないための洗い方としては、まず肌をこすらないように丁寧にクレンジングをしていきます。
ただし、いきなりクレンジング剤を乗せるのではなく、一度ホットタオルで肌を温めて毛穴を開かせるなど、肌を緩めることで密着して酸化しているメイクを落としやすくすることができます。

 

ホットタオルがおすすめですが、入浴をして体から温めていき、血行を良くしてから洗顔をするのでも良いですね。

 

落ちにくいアイメイクや口紅は専用のものを使い、Tゾーンからクレンジング剤を乗せて指で優しく伸ばしたら、指先で滑らせるように肌になじませていきます。
とにかく肌に負荷と摩擦を起こさないように優しく馴染ませることが大切です。

 

洗顔のポイントと注意点

ぬるま湯でクレンジング剤を十分に洗い落としたら、次に洗顔料でたっぷりの泡を使って優しく丁寧に洗っていきます。
また、メイクをしたまま寝たことによる乾燥状態の肌は洗顔後のスキンケアでしっかりと潤い供給をする必要があるため、肌に成分が残りにくい石けん洗顔がおすすめです。
また、クレンジングや洗顔を行うときには、丁寧に肌を刺激しないように汚れを落としていくことが大切です。
すすぎは肌にメイク成分が残らないようにしっかりとすすぐことを意識しながら、いつもよりも多めの回数すすぎを行います。

 

洗顔後はスペシャルケアで潤いを供給する

汚れを落としたら、蒸しタオルで血行を促進させて、化粧水で保湿ケアして、シートマスクで美容成分を補給させます。
シートマスクで肌のケアをした後は、美容液や乳液を使って保湿をして完了となります。

 

その後メイクをする場合には、BBクリームとパウダー程度の軽めにして肌を休ませることも大切です。

 

水分補給と肌への栄養補給を忘れずに

メイクをしたまま寝てしまったことで、肌は乾燥状態です。スペシャルケアをしても潤いを保つ力が弱まっている可能性があるため、ダメージの修復自体も遅れてしまいやすくなるので、水分補給と合わせて、フルーツや野菜といったビタミンを補える食べ物、たんぱく質やミネラルを補える食べ物をしっかりと摂ることをおすすめします。

 

メイクをしたまま寝てしまうことの肌へのダメージ

よくメイクをしたまま寝ると肌は3歳年をとると言われるくらい、メイクをしたままの状態は肌にとって負担となってしまいます。

 

その理由には

  • 汚れや皮脂を含んだメイク成分が肌にダメージを与える
  • 毛穴が閉じてしまうため、肌のターンオーバーの妨げとなる
  • 顔ダニや雑菌の繁殖による肌トラブル

これらが挙げられます。

汚れや皮脂を含んだメイク成分が肌にダメージを与える

一日中外気に触れているメイクの顔料は皮脂や汚れを含んでいます。このメイク成分が寝ている間の皮脂と合わさり酸化していくことで活性酸素を発生させ、肌に刺激を与える成分へと変化していきます。

 

毛穴が閉じてしまうため、肌のターンオーバーの妨げとなる

メイクは密着性が高く、毛穴をカバーする目的のベースメイクをしていることもあり、毛穴は塞がれた状態です。
この状態は老廃物の排出の妨げになるだけでなく、毛穴内に皮脂も詰まりやすくなり、本来寝ている間に生まれ変わる肌のターンオーバーを妨げてしまいます。

 

顔ダニや雑菌の繁殖による肌トラブル

メイクで毛穴を塞いでしまったまま寝ていることで、毛穴内や顔表面で雑菌や顔ダニが皮脂やメイク成分が混ざった成分をエサとして食べてしまい、過剰な増殖となり、肌トラブルの原因となる場合があります。

 

 

メイクをしたまま寝てしまった翌朝は優しく丁寧にクレンジングと洗顔を行うことが重要ですが、ダメージを負った肌の回復は時間をかけて回復をしていきますので、その日の夜はできるだけ早く就寝することも大切です。



page top