氷水洗顔 効果

水泡力

氷水洗顔・冷水洗顔の効果〜メリット・デメリット

洗顔方法の一つとして知られる氷水洗顔や冷水洗顔はスッキリとした洗い上がりや肌の引き締め効果が期待できるとして、実践されている方も多いですよね。
洗顔の基本はぬるま湯ですすぐことを勧められることが多いですが、それとは逆とも言える氷水洗顔・冷水洗顔のメリットやデメリットについてご紹介します。

 

氷水洗顔・冷水洗顔の効果

氷水洗顔・冷水洗顔を実践されている方の考えとしてはぬるま湯で洗うことによる皮脂の落としすぎを懸念していることに加えて肌自体に冷たい刺激を与えて血行を促す働きなどを期待して行っているようです。

 

美魔女の山田佳子さんが実践されているということで話題になりましたね。
他にも芸能人の方にも実践されている方もいるようです。韓国では洗顔後の冷水でのすすぎは定番だったりもしますので、取り入れ方次第では美肌作りに効果的といえます。

 

氷水洗顔・冷水洗顔のメリット

  • 肌の引き締め
  • 毛穴を一時的に引き締める
  • 皮脂の落としすぎを防げる
  • 火照った顔を冷ます
  • サッパリとした洗い上がり
  • 肌に刺激を与えてることによる活性化を期待している

氷水洗顔・冷水洗顔のメリットは熱いお湯などで洗うことによる皮脂の落としすぎを防ぐことにも繋がること、そして肌の引き締めや毛穴の引き締めに効果的という考えですね。
また暑い季節は冷たい水で洗うと気持ちが良いという点もあります。

 

氷水洗顔・冷水洗顔のデメリット

  • 肌に刺激を与えることになる場合がある
  • 血管が収縮することで血行が悪くなる
  • 最初から氷水洗顔・冷水洗顔を行うと毛穴が閉じてしまい汚れを落としにくくなる
  • 洗顔料の泡立ちが悪くなる
  • 乾燥肌や敏感肌の場合、赤みの原因になる

氷水洗顔・冷水洗顔のデメリットは肌への刺激や血行が悪くなること、さらに毛穴の引き締めの効果は一時的ということで、逆にスキンケア化粧品の浸透を妨げてしまう可能性があるという考えです。

 

また、終始冷たい水での洗顔は毛穴も閉じてしまいますし、石鹸を使用している場合、泡立ちにも影響があります。

 

特に敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強いですし、赤みの原因にもなるので、おすすめできない点が多いです。

 

氷水洗顔・冷水洗顔のやり方

氷水洗顔・冷水洗顔といっても実は終始冷たい水で洗うということではありませんので注意しましょう。

 

氷水洗顔・冷水洗顔のやり方は
まず基本的な洗顔方法で洗います。

  1. ぬるま湯で通常の洗顔を行い落とすべき汚れを落とす
  2. 仕上げに冷水ですすぐ

という方法と美魔女の山田佳子さんが実践しているケースだと

  1. クレンジングをする
  2. クリームで保護膜を作る
  3. 蒸しタオルを用意しておき顔を温める
  4. 温めた後に氷水(氷の角がとれるまで水を入れ替える)を張った洗面器に5秒ほどつける
  5. 化粧水・乳液などで保湿をする

という方法です。ポイントは一度クリームで保護膜を作っていることと、温めていることですね。
これはヒートショックプロテインと呼ばれる熱を与えて刺激を与え、肌を活性化させる働きも期待しているようです。

 

この温めるのと冷やすを行う温冷マッサージ方法とも言えます。
これはどちらかというと朝の洗顔ではなく、夜の洗顔時に行いやすい方法ですね。

 

氷水洗顔・冷水洗顔の効果まとめ

韓国の芸能人の方にも冷水での洗顔を実践されている方は多いので、まったく効果は期待できないということは無いと思います。
ただし、肌が敏感な方などは刺激を感じる可能性もあるので、仕上げに冷水ですすぐ場合にもぬるま湯よりも少し冷たい程度の水で行う方が、肌には負担も少ないです。

 

おすすめは洗顔を終えて、スキンケアを行い、メイクをする前に冷えたタオルで顔を冷やしてから行う方が、スキンケア化粧品の働きも邪魔せずに毛穴の引き締めを行えます。

 

美魔女や芸能人も実践されている氷水洗顔・冷水洗顔ですが、やり方を間違えると肌トラブルにもなりますので、実際に取り入れる時には肌のコンディションを見ながら行いましょう。

page top