香りが良い洗顔料を選ぶ時のポイント

香りが良い洗顔料

洗顔料も化粧品も毎日使うものだからこそ、使用感に加えて香りも大切にしたいと考える方は多いのではないでしょうか?
ただし、洗顔料や化粧品の香りはお肌にとって良いものと良くないものがあります。

 

こちらでは香りが良い洗顔料を選ぶ時のポイントと注意したい点についてお伝えします。

 

香りが良い洗顔料はどう選ぶ?

洗顔料や化粧品の香りには主に二つあり、人工的な香料をプラスしているタイプと植物オイルやエキスなどを使用した原料本来の香りがするタイプです。
この二つは基本的な原料が同じでも加工の段階で化学的処理を行っているかどうかに違いがあります。

 

合成香料

合成香料は原料となるフレーバーを科学的に加工しているケースと目的とする香りに含まれる成分を重ね合わせて疑似的に香りを作るといったケースがあります。
これらは使用感を高める働きや、様々なフレーバーを重ね合わせるための自由度も高くニュアンスがつけやすいこと、さらに合成によって作られるため、原料コストが抑えられるといったメリットもあり、多くの洗顔料や化粧品、洗剤、シャンプー、食品などにも持ち入られています。

 

合成香料はコストを抑えながら様々な香りを作ることができ、使い心地を良くするのに活躍してくれる存在です。

 

ただし注意するべきは肌質によっては合成香料による肌トラブルが起きる可能性があります。

 

これらはアレルギーなどによっておきることが多いのですが、天然アロマと違うのはどんなエキスが含まれているか把握しづらいことです。

 

様々なフレーバーをかけあわせることができるため、複雑な香りを演出できますが、成分記載には香料とのみ書かれていることが多く、自分の肌にとって負担や刺激となる成分が含まれているのかがわかりにくいため、気付かないうちに肌トラブルになってしまったということにも繋がります。

 

天然香料

天然香料は原料本来に含まれるフレーバーが香料としての役割を担っていることが多く、どんな原料かを把握しやすいのがメリットです。
天然香料を使用している洗顔料や化粧品は柑橘系、ローズといった香りやラベンダーなどそれぞれの特徴を感じさせる製品作りを行っていることも多く、使う方が使用前に自分の好みやお肌に合うかといった点をチェックしやすいです。

 

成分表示にも原料としてそれぞれが記載されており、チェックすることが可能です。

 

ただし、天然香料だから肌に優しいということではなく、原料が把握しやい点がポイントです。
植物は人によってアレルギー反応がある可能性がありますので、使用前のパッチテストは必ず行うことをおすすめします。

 

 

良い香りの洗顔料は使っていて気分も良いですが、洗顔料の基本は肌を本来の状態に戻すという働きです。
そのため、必要以上に香りを推している洗顔料はどんな原料が使用されていて、それが合成香料なのか天然香料なのかをチェックしてから購入することが大切です。

 

合成香料を使用している場合は添加物として必ず記載する義務がメーカー側にはありますので、成分表示でチェックすることができます。


 

朝の洗顔料総合ランキング

 


注目!おすすめ洗顔セット

ニキビ・大人ニキビを繰り返したくない人におすすめの洗顔セット


トップへ戻る