いちご鼻 洗顔

水泡力

いちご鼻対策の洗顔知識|朝と夜の洗顔ポイントとNG習慣

いちご鼻対策の洗顔

素肌になって鏡を見るとポツポツと目立つ鼻の毛穴はひどくなると黒ずみがすすんでいちご鼻になってしまいます。
毎日しっかりと洗っているのに中々解消できないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

こちらではいちご鼻対策のための洗顔知識について朝と夜の洗顔ポイントやおすすめできないNGな洗顔方法を交えてお伝えします。

 

いちご鼻の原因とは?

いちご鼻になってしまう原因には

  1. 長年のスキンケア不足
  2. 皮脂によって毛穴が広がる
  3. メイクや汚れが毛穴に詰まる
  4. 角栓が毛穴を塞いでしまう
  5. 詰まった汚れや角栓が酸化する

というのが一般的な原因だと言われています。特に女性の場合、毎日のメイクとクレンジングを繰り返していることもあり、肌は乾燥しやすいだけでなく、汚れも詰まりやすくなります。

 

乾燥は皮脂の過剰な分泌や毛穴の開きを招きやすくなりますし、スキンケア不足による影響は肌のターンオーバーサイクルにも影響を与えて古い角質が肌に残りやすくなります。

 

古い角質は角栓の原因にもなりやすく、毛穴周りに溜まることで毛穴を詰まらせやすくしてしまう原因にもなります。

 

いちご鼻対策の洗顔方法

朝の洗顔でいちご鼻対策

朝の肌の状態は寝ている間の皮脂と空気中のホコリ、寝具から付着したゴミなどが付いている状態ですが、夜の洗顔時に比べて汚れの度合いは少ないです。
そのため、夜と同じように洗うと、必要以上に皮脂を落としてしまいやすく、乾燥を招きやすくなります。

 

洗顔料はしっかりと泡立てて、肌表面の汚れを落とし定着している皮脂を洗い流すことを意識して、必要以上に毛穴の汚れを落とそうとしすぎないように注意しましょう。
汚れを落とすという点では弱アルカリ性である石鹸がおすすめで、合成界面活性剤を含まない純石鹸や純石鹸に保湿成分(グリセリンなど)が含まれる石鹸で落とすべき汚れを落とし、肌に洗浄成分を残さずに洗い上げるのがポイントです。

 

洗顔後は朝のお手入れをすることが多いと思いますので、保湿成分たっぷりの洗顔フォームで洗ってしっとりとさせるよりも、落とすべき汚れを落とし、素肌の状態に戻してあげることで化粧水の浸透にも良い影響があります。

 

>>毛穴対策の洗顔情報やおすすめ洗顔はこちら

 

夜の洗顔でいちご鼻対策

夜の洗顔はメイクをしている場合はクレンジングがとても重要になってきます。
落とすべきメイクを落とせていない状態で洗顔料を使用すると、落としきれない状態が起きやすい他、洗顔で無理に落とそうとしすぎることによるこすりすぎや洗いすぎにつながり肌への負担が大きくなります。

 

クレンジングはメイクの濃さに合わせて選ぶのが基本で、クレンジングの優しさから選ぶのはおすすめできません。
ベースメイクにリキッドファンデーションなどを使用している場合にはミルクタイプやクリームタイプではなく、ジェルタイプ、オイルタイプ、リキッドタイプなどを使用するなど使用しているメイクアイテムを落とすのに適したクレンジング剤を使用することで、その後の洗顔がスムーズになります。

 

ポイントメイクをしっかりとするという方はポイントメイク専用のリムーバーを使用し、ベースメイク部分には別のクレンジングを使用することで、クレンジングによる洗った後の乾燥を抑えることができます。

 

クレンジング後の洗顔は注意が必要

夜の洗顔はクレンジング剤によって皮脂がかなり落とされている状態です。
その状態でさらにこすってしまったり、必要以上に洗いすぎる洗顔をしてしまうと、肌の乾燥を招きやすく、毛穴の開きにも影響があります。
泡立てた洗顔料で優しく洗い、すすぎはぬるま湯ですすぎ残りが無いように注意しましょう。

 

いちご鼻にはNGな洗顔習慣

いちご鼻の洗顔ポイントを抑えた上でついやってしまいがちな洗顔NG習慣をチェックしておきましょう。

  • キレイにしようという意識でゴシゴシ洗い
  • 鼻を集中的に洗う
  • ピーリング洗顔などを積極的に行っている

洗顔での役割は毛穴をキレイにするということも大切ですが、洗いすぎによって肌の乾燥を招いてしまう方が、皮脂の分泌を招くなど悪循環になりやすいので、洗顔時は泡で擦らないように意識しながら、泡で洗うように優しく洗顔をしましょう。

 

また、ピーリング洗顔などの角質ケア系洗顔も週に1度といった使い方が望ましいことが多いです。
やりすぎによってターンオーバーを促す洗顔が逆効果になってしまう可能性がありますので注意しましょう。

 

スクラブ入り洗顔料はいちご鼻対策の朝洗顔には使える?

毛穴対策の洗顔料に多い、スクラブ入り洗顔はスクラブの質によって注意点があります。
スクラブ洗顔には洗っている時にほぐれて無くなるタイプとそのままスクラブが残るタイプがありますよね。

 

スクラブがそのまま残るタイプは質によっては鼻の汚れ以外の場所の肌に刺激を感じる場合がありますので、洗浄力と共に皮脂を落としすぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

スクラブ入り洗顔料のようなタイプがお好みの場合は天然のスクラブとも言えるクレイ(泥)洗顔料の方が、天然のミネラルも豊富に含み、格子状のような空洞を持ったクレイはキメの細かい泡の吸着力で毛穴の中にまで入りこんで汚れを絡め取ってくれるのでおすすめ度が高いです。

 

スクラブは質が良くないとすすぎでも落としにくいことも多く、クレイ洗顔の方が、洗浄力の高さと毛穴の汚れへの吸着力という点でいちご鼻対策におすすめできる点が多いです。

 

おすすめのクレイ洗顔料「どろ豆乳石鹸どろあわわ」

どろ豆乳石鹸どろあわわ

 

 

いちご鼻ケアにも注意

鼻用の毛穴パックやオロナインパックといった集中ケアに適したケアもやりすぎは注意が必要です。
角栓を取り除く行為はやり方によっては毛穴自体を傷つけてしまう場合や毛穴まわりの皮膚にも影響が大きい場合があります。

 

ごっそりと角栓などが取れて気持ちいいですが、開いたままの毛穴を放置してしまう、もしくは毛穴が開いてしまうことで、いちご鼻を繰り返しやすくなってしまうことにも繋がります。

 

いちご鼻対策は洗顔後のスキンケアと生活習慣が鍵

洗顔でのいちご鼻対策の効果は、肌表面の汚れ、毛穴の汚れを落とす予防の観点の役割が大きいです。
そのため、除去を目的とする場合は、洗顔で素肌へとリセットした後のお手入れで肌のターンオーバーを促すケアを行い、潤いを高めて毛穴の開きを防ぐことが大切です。
ターンオーバーが正常になることで毛穴の角栓も自然と排出されやすくなります。

 

肌のターンオーバーを促すのはスキンケアに加えて、食生活や睡眠といった生活習慣の見直しもお肌にはとても大切です。


page top