ふき取り化粧水 朝 洗顔

水泡力

ふき取り化粧水で朝の洗顔をするメリット|ふき取り洗顔の効果

ふき取り化粧水で朝の洗顔

ふき取り化粧水は、洗顔で落としきれなかった古い角質や皮脂を落とし、スキンケア化粧品の働きをスムーズにする役割として知られています。

 

元々、お肌を整えるための成分を配合している化粧水でもあり、洗顔料を使うよりも優しく、使用後のつっぱり感も無いことから、取り入れている方も多いですよね。

 

そんなふき取り化粧水は朝の洗顔の代わりに使うことも可能です。こちらではふき取り化粧水で朝の洗顔を行うメリットやスキンケア効果を使い方や注意点を交えてご紹介していきます。

 

ふき取り化粧水で朝の洗顔をするメリット

朝の汚れに対して適度な洗浄を行える

朝の肌は寝ている間に分泌された皮脂や寝具などから付着するホコリやゴミなどの汚れがメインです。
特に皮脂自体は酸化することによって変性皮脂になることもあり、水だけでは落としきれない場合もあり、洗顔料の使用を勧められることが多いですよね。

 

ただ、朝の洗顔で洗顔料を使って洗うのは、お肌の状態によっては洗いすぎ、皮脂の落としすぎに繋がる場合があり、朝の洗顔は洗顔料を使うことを躊躇してしまうこともあります。

 

ふき取り化粧水は専用のふき取り化粧水の場合は皮脂や古い角質を落とす成分を配合、通常の化粧水でも化粧水に含まれる保湿成分によって汚れを絡め取るように落とすことができます。

 

洗顔料のように洗浄成分を含まないため、ふき取り時の摩擦に注意すれば、過剰な皮脂の落としすぎを防いでお肌の汚れも落とすことができます。

 

肌のコンディションに合わせて取り入れやすい

毎日の朝の洗顔は、肌の状態によって洗顔料の有無を決める方が負担は少なくなります。
ふき取り化粧水による洗顔はこの肌のコンディションに左右されにくい点、もしくは乾燥が気になるという時でも落とすべき汚れを落とすことができるメリットがあります。

 

化粧水によるふき取り洗顔の効果

余分な皮脂と古い角質を落とす

ふき取り専用の化粧水には皮脂と古い角質を取り除く成分などを配合していることもあり、洗浄成分を含まずにこれらの働きで汚れや皮脂、古い角質を落とすことができます。

 

肌を柔軟にする効果

不要な角質や皮脂を落とし肌のゴワつきをケアしながら、保湿成分で潤いを与えていきます。
そのため、洗顔で感じやすいつっぱりもなく、肌自体を柔軟に整えてくれます。

 

過剰な皮脂のコントロール

ふき取り化粧水の中にはビタミンC誘導体など、お肌を整える働きや皮脂分泌のコントロールをサポートする成分を配合している化粧水もあり、朝の皮脂によるべたつきが気になる時にも使いやすいです。

 

スキンケア化粧品の働きをサポート

不要な汚れや皮脂、角質を落とし、柔軟な肌に整えることができるため、その後に行うスキンケア化粧品が浸透しやすい土台作りをサポートしてくれます。

 

ふき取り化粧水を使った朝の洗顔方法

  1. ぬるま湯で予洗いをする
  2. タオルで水分をふき取る
  3. ふき取り化粧水をコットンに染み込ませる
  4. 皮脂が気になる箇所からふき取っていく
  5. 目元や口元をこすらないように注意する

ポイントはふき取り化粧水を使う前の予洗いです。
これはしない人もいますが、予洗いを行うことで、肌表面のホコリなどを落とすことができ、水で落とせる汚れを取り除くことができるので、ふき取り化粧水を使う前の肌を整えるという目的で行います。

 

ふき取り化粧水を使い終わったら、いつものスキンケアを行いましょう。

 

ふき取り化粧水の効果を高めて肌への負担を減らすコットンの使い方

ふき取り化粧水はコットンを使って汚れを落としていきます。
そのため、コットンはふき取ることを考えた素材のものを選ぶことをおすすめします。

 

毛羽立ちやすいコットンや薄いコットンはふき取る際に指の力が肌に伝わりやすい他、摩擦を起こしてしまう可能性があるので、柔らかい素材で厚手のコットンがおすすめです。

 

コットンを肌に当てる時には中指と薬指の上にコットンを置き、人差し指と小指で抑えるように持ちます。
こするのはNGで、一度肌に押し当てて、化粧水が肌に馴染んでからふき取るようなイメージで優しく滑らせていきます。

 

ふき取り化粧水には皮脂や古い角質を落とす成分や角質を柔軟にする成分も含まれているので、肌に馴染ませずに使うと成分の効果が得られない場合があるので、ゆっくりと馴染ませながら汚れをふき取っていくことを意識しましょう。

 

ふき取り化粧水を使う時の注意点

  1. コットンによる摩擦に注意
  2. 目元・口元は避ける
  3. ふき取り化粧水をした後は速やかに保湿ケアを行う
  4. ピーリングや酵素洗顔などの角質ケアを行った時はふき取り化粧水での洗顔をお休みする

ふき取り化粧水は皮脂や角質を落とす成分も含まれており、ふき取り後の肌は無防備になります。
そのため、ふき取り化粧水による洗顔を行った後は時間をおかずにスキンケアに移行します。

 

目元や口元など皮膚が薄い場所は元々皮脂も少ないため、ふき取り化粧水を使うのは避けた方が、乾燥を防ぐことができます。
目元や口周りの汚れは予洗いの時点ですすぎを行って落としておくことをおすすめします。

 

また、ピーリングや酵素洗顔といった角質ケアに効果が期待できる洗顔をしている場合、ふき取り化粧水での洗顔を行うとターンオーバーサイクルを早めてしまい、乾燥や敏感な状態を招いてしまう可能性があるので、重複しないように注意します。

 

洗顔シートも朝の洗顔に使える?

ふき取り化粧水とは少し違いますが、洗顔シートも忙しい朝にサっと使うことができます。
ふき取り化粧水のように保湿成分なども含まれていますし、外泊時に洗顔が出来ない時、アウトドアの時にも重宝します。

 

ただし、洗顔シートには皮脂を落として爽快感を演出するためのアルコール成分が多く含まれている場合があります。
洗顔後はしっかりと保湿ケアを行わないと乾燥招いてしまう可能性やテカりやすくなってしまうので、注意しましょう。

 

ふき取り化粧水と洗顔料の両方の働きが期待できる朝の洗顔料

 

マナラモイストウォッシュゲルはふき取り化粧水のように肌に馴染ませて、汚れを美容成分と酵素の力で落とす朝専用の洗顔料です。
美容成分は全体の97.5%も含まれており、スキンケアをするように汚れを落としてくれます。

 

また、カプセル化パパイン酵素の働きは角栓や毛穴の汚れにも効果的ですので、ふき取り化粧水には無い洗顔料としての働きも期待できます。
洗浄成分は含まれていないので、洗顔料を使った時のように洗いすぎてしまうということがないのが、マナラモイストウォッシュゲルの大きな特徴で、おすすめのポイントです。


page top