朝 洗顔料 選び方

水泡力

朝の肌に優しい洗顔料を選んで肌を目覚めさせる

朝の洗顔料を選ぶ時に意識したいのが、自分のお肌の状態に使用している洗顔料が合っているか?という点です。
特に夜の洗顔料と同じという場合には、朝の肌には少し洗浄力が高すぎるかもしれません。

 

朝の洗顔は夜と比べて汚れの度合いは低いものの、それでもホコリやゴミ、寝ている間に分泌される皮脂やスキンケア化粧品の油分などが肌に残っているため、洗顔料を使用した方が良い場合もあります。

 

こちらでは朝の洗顔料を選ぶ時に意識したいポイントについてお伝えしています。

 

朝の洗顔料選びのポイント

洗顔の役割からそれてしまわないように注意する

朝の洗顔は洗顔石鹸や洗顔フォーム、もしくは洗顔料を使わずに水だけなど、人によって考えがあるかと思いますが、基本は朝の洗顔の役割である不要な汚れを落とすことを意識して選ぶことが大切です。

 

洗顔後のスキンケアまで考えて選ぶ

女性の場合、朝の洗顔は、その後にスキンケアを行い、メイクをする方が多いですよね。
この場合、肌に油分を必要以上に多く残した状態はスキンケア化粧品の浸透を妨げてしまう場合があります。

 

スキンケアをしなくても良い肌の状態なら良いですが、メイクをするとなると保湿ケアはメイク持ちにも関わってきますので、洗顔料は汚れや余分な皮脂を落とし、潤いを供給するのは化粧水などで補うことを考えて洗顔料は必要以上に保湿成分を含んで皮脂の代わりに油分の膜を作るタイプよりも落とすべきものを落として素肌に戻すという働きができる洗顔料が良い場合があります。

 

泡立ちが良く素早く泡立つこと

洗顔時の肌の摩擦を減らすためには泡立ちが良いこと(ジェルタイプを除く)は欠かせないポイントです。
特に肌の汚れの度合いが夜よりも少ない朝の肌はこすりすぎによって皮脂を必要以上に落としてしまうことに繋がります。

 

また、顔を予洗いしてから洗顔料を泡立てますが、この泡立てに時間がかかってしまうと、水分は肌から蒸発し始めてしまいます。
これらを考慮して弾力があってへたりにくい泡が短い時間で作れる洗顔料を使うことをおすすめします。

 

成分はシンプルがおすすめ

成分がシンプルであることをおすすめする理由として、すすぎのしすぎによる乾燥を防ぐことが挙げられます。
洗顔ではしっかりとすすぎを行うことは大切ですが、必要以上にすすぎを行うのも皮脂の落としすぎに繋がります。

 

洗顔の回数の目安には20〜30回はすすぎましょうというのは、あくまで顔についている洗顔料をまんべんなく落とすために意識する回数であり、必ずこの回数を行うということではありません。使用している洗顔料や泡の量、泡切れによってはこれよりも少なくても良いこともあります。

 

成分がシンプルというのは、必要以上に保湿成分など洗い上がりのしっとり感などを与える成分などを多く含むことで洗っている間に感じるぬめりを落とそうとするためのすすぎの回数を増やさないためという点と不要な刺激を与えないということがポイントで、泡切れが良く、肌に洗浄成分を残さないためにも朝の洗顔料はシンプルで必要以上にすすぎをしないとヌルつきが落ちないタイプは避けることをおすすめします。

 

その上で仕上がりのつっぱり感に配慮した保湿成分を含んでいるタイプを選ぶかはお好みによって変わるということになります。

 

洗顔フォームよりも洗顔石鹸がおすすめされる理由とは?

洗顔フォームと洗顔石鹸は洗顔料の代表とも言える形状です。
ただ、最近では朝の洗顔料は洗顔フォームよりも洗顔石鹸の方がおすすめという声が多くなっていませんか?

 

この理由には

  • 洗顔フォームに含まれる合成界面活性剤が肌に負担を与える
  • 洗顔フォームは脱脂力が高く朝の洗顔時の肌には洗浄力が高すぎる
  • 必要以上に保湿成分が含まれていることによる疑似潤い効果がスキンケアの邪魔になる場合がある

これらが多い考えと言えます。

 

洗顔フォームに含まれる合成界面活性剤について

洗顔フォームには汚れを落とす(汚れや油分にくっつき落とす)ための洗浄成分として合成界面活性剤が使用されています。
合成界面活性剤は化粧品の場合、水分と油分を乳化(混ぜ合わせる)させる役割として配合されていますが、洗顔料やクレンジングなどには、汚れや油分にくっつく働きを活かして洗浄成分として配合されています。

 

そのため、汚れや余計な油分と混ざり合い落とすだけなら良いですが、必要以上に皮脂や角質層まで一緒に落としてしまう場合があります。
この働きによって、肌自体のバリア機能にダメージを与えてしまうと言われています。

 

脱脂力も同様で、必要以上に皮脂を落としてしまうことで、肌の保湿機能が低下し、結果的に乾燥しやすくなってしまいます。

 

そのため洗顔フォームの場合、夜のクレンジング剤やメイク汚れなどの油分を落とすのには洗浄力が高いことで、しっかりと落とせるものの、朝の肌にとっては洗浄力が高すぎると考える方が多いです。

 

>>洗顔料の界面活性剤の種類について

 

洗顔料の保湿成分について

洗い上がりの肌をしっとりとしているように感じさせてくれる洗顔フォームに多く配合されている保湿成分も朝の洗顔時にはメリットよりもデメリットが多い場合があります。

 

洗顔料に含まれる保湿成分は肌自体に潤いを与えているという役割ではなく、肌をコーティングするように膜を作って肌を潤っているようにしっとりと仕上げますが、肌の潤いは油分ではなく、水分が必要で、油分は肌表面に留まります。

 

そのため、肌表面はしっとりとしているものの、肌内部は潤い不足となってしまうわけですね。

 

もちろん、汚れを落としながら、最低限の保湿を補う役割として保湿成分を配合していることは良いと思いますが、過剰な保湿成分を配合しているタイプはそれだけ油分も多く含み、顔表面を油分で覆い、その後のスキンケア化粧品の浸透を邪魔してしまう場合があることを理解しておく必要があります。

 

また、洗顔料に含まれる美容成分などは、すすぎ時にほとんど洗い流されてしまうため、スキンケアと同じような働きは期待できないため、朝の洗顔では落とすべき汚れを落とし肌に無害な天然の界面活性剤で作られている固形の洗顔石鹸がおすすめされているというわけです。

 

 

洗顔石鹸でも保湿成分としてグリセリンやスクワランなどが配合されたタイプが登場しており、今までよりも石鹸だから肌がつっぱる、乾燥を感じるということに対して配慮されるようになってきたことも洗顔フォームよりも洗顔石鹸がおすすめされている理由と言えます。
もちろん、洗顔フォームにもメリットと言える点はあるので、あくまでも自分のお肌の状態に合わせて選ぶことが大切です。


 

>>洗顔フォームの特徴やメリットをチェック

 

>>洗顔石鹸の特徴や使い方をチェック

page top