洗顔の泡立ての重要性とは?泡の量と洗浄力は関係ある?

よく洗顔方法の基本として洗顔料を使う場合は洗顔料をしっかりと泡立てましょうというアドバイスがあると思います。
忙しい朝の洗顔や疲れた夜の洗顔でつい泡立てを怠ってしまって洗っているという方もいるかと思います。

 

こちらでは、なぜ洗顔で洗顔料をしっかりと泡立てる必要があるのか、そして泡の量と洗浄力の関係性や泡立て時に使いやすいアイテムや方法についてお伝えしています。

洗顔料を泡立てる理由とメリット

  • 洗顔料の洗浄力を活かす
  • 泡がクッションとなり洗顔時の摩擦を軽減する
  • すすぎ時の泡切れを良くして肌に洗浄成分が残るのを防ぐ
  • 肌への刺激が穏やかになる

というのが主な理由とメリットと言えます。

 

洗顔料の洗浄力を活かす

洗顔料は泡立てて使うことを目的として作られているため、泡立て不足の洗顔料は機能性の低下や肌への負担が増してしまう場合があります。
また、泡があることによって洗顔料が肌との接触する面積が増え汚れを落としやすくなることから、負担を最小限に減らす上でも重要です。

 

泡で洗うことで泡の気泡の粒子が細かくなり、肌の細かな凹凸、毛穴にも入り込み汚れを落としやすくなります。

 

泡がクッションとなり洗顔時の摩擦を軽減する

十分な泡立てを行い弾力性を高めた泡は肌との摩擦を軽減するのにも役立ちます。
どんなに優しいと言われる洗顔料も泡立て不足の状態で肌を摩擦してしまうと、皮脂や肌に存在する保湿成分まで落としてしまうため、乾燥などの肌トラブルに繋がりやすくなります。

 

すすぎ時の泡切れを良くして肌に洗浄成分が残るのを防ぐ

泡立てをしっかりと行った洗顔料はすすぎの際の泡切れの良さにも影響します。
特に合成界面活性剤を使用している洗顔フォームなどは脱脂力も高いですが、泡立て不足で直接ペーストが肌に擦りつけられると毛穴にも入り込みやすく肌に残ることで乾燥を招いたり、剥がれる際に角質まで落としてしまう場合もあります。

 

すすぎのしすぎによる皮脂を過剰に落としてしまうのも減らせるというメリットもあります。

 

肌への刺激が穏やかになる

石鹸の場合は弱アルカリ性で洗い上がりのつっぱりを感じるというイメージがありますが、水を含ませしっかりと泡立てることで、弱アルカリ性は中性に近づき肌のPh値の変化を穏やかにするというメリットもあります。

 

泡の量と洗浄力は関係がある?

洗顔料を泡立てることのメリットをご紹介しましたが、泡の量が多いことで洗浄力が高まるのか?という点は少し注意が必要です。
しっかりと泡立てを行うことで洗顔料の特徴や吸着面を増やしクッションの役割で摩擦を減らすという点については泡の量は必要ですが、泡の量が多いから洗浄力が高いという洗顔料の選び方ではなく、泡の密度や弾力、キメの細かさを重視して選ぶことがポイントになります。

 

泡立ちというのは洗顔料によっては気泡剤のような添加物によって泡立ちを高めている場合もあり、沢山泡立つけど、キメが荒くヘタってしまう泡は肌に乗せると崩れ、吸着面が減り、クッション性が失われるので、摩擦も起きやすくなります。

 

沢山の泡で洗うことは気持ちが良く、大切ですが、洗顔料の泡は質にこだわった方が洗顔時の肌への負担を減らすことができる点が多いです。

 

洗顔料の泡立て方法の基本

手での泡立て方法

  1. 洗顔料を手に取る前に手をキレイに洗う
  2. 洗顔料を手に取り広げる
  3. 水を少量垂らして少しづつ泡を増やしていく
  4. 手をお椀のように丸めて水を垂らし手の上で洗顔料を泡立てる
  5. 一度泡が増えたら泡を揉むように潰して空気を含ませながらキメを細かくする

ポイントは洗顔料を泡立てる前に手をキレイに洗うことで、手の汚れや油分に洗顔料が反応して泡立ちが悪くなるのを防げます。
また、一度泡が大きく増えたら揉むように潰して泡のキメを細かくしながら空気を含ませることで泡立ちが良くなります。
水の量は多すぎると泡がゆるくなりますが、足りなすぎても泡立ちにくいので少しづつプラスしていくのがおすすめです。

 

洗顔料は泡立てネットを使うと便利

泡立てネット

手で泡立てると柔らかな泡が作れますが、忙しい朝の洗顔ではちょっと面倒という時がありますよね。

そんな時には泡立てネットを使って素早く泡立てを行いましょう。

 

キレイにした手で洗顔料を泡立てネットに馴染ませ水を含ませることで、簡単にキメ細かい泡が作れます。

 

泡立て器でキメが細かく濃密な弾力泡を作る

泡立て器

泡の密度やキメの細かさにこだわりたい方は、泡立てネットよりも少しコストがかかりますが、泡立て器を使うと簡単にキメが細かいふんわりとしたクリーミィな泡が作れます。

 

洗顔料を泡立て器のスティック部分にこすりつけ、泡立て器の中に少量の水を加えて、上下させるだけで、空気を含ませながら泡立てられるほか、泡を手でつぶすようにキメを細かくしていくことができます。

 

20秒くらいで泡立て器いっぱいの泡が作れるので、泡立ての手間を解消するのに役立ちます。

 

洗顔時の泡立ての注意点

洗顔時に泡立てをしっかりと行おうとしすぎて顔を濡らした状態で泡立てに時間をかけてしまうと、水分の蒸発と共に乾燥を招いてしまう場合がありますので、泡立ては大切ですが、短い時間で泡立てを行うのが大切です。

 

また、泡立てアイテムは便利ですが、水気や洗顔料の成分が残っていることや湿気の多い洗面所やお風呂に置いておくことが多いため、使用後の保管の仕方によっては雑菌の繁殖がしやすくなります。

 

使用後はしっかりとキレイな水ですすぎ泡を流し、タオルで水分を拭き取ってから、泡立てネットの場合は置くのではなく、つるしておく、泡立て器の場合は水分をよく切って、風通しの良い場所で保管しておきましょう。

 

泡立てない洗顔とは?

洗顔料を使う時は必ず泡立てをしっかりと行いましょうという考えが基本ですが、その泡立ちの良さが純粋な泡では無く、添加物による働きで泡立ちを演出している場合があります。

 

また、泡自体の質が良くなく、弾力やキメが弱い泡の場合は泡は沢山あっても肌への摩擦を減らす働きが弱いこともあり、一生懸命泡立てを行っていても効果的ではないことがあります。

 

泡立てないジェルタイプの洗顔料

肌への摩擦を軽減するという目的は泡でなくても解消することができます。
いわゆるすべりが良く摩擦を軽減するジェルタイプの洗顔料がありますが、これは泡立て不要で手に取ってすぐに使用することができ、通常の洗顔料よりも滑りが良いです。
ジェルタイプには保湿成分などを多く含めることができますので、洗い上がりのつっぱり感を抑えたり、ニキビケア用洗顔として摩擦を起こさせないように洗えるジェル洗顔料も多く採用されています。

 

話題の洗浄成分を含まない朝洗顔用のジェル

さらに朝の洗顔では、夜の洗顔のようにメイクやクレンジング剤を洗い流す洗浄力が必要ではないことが多いことから、朝の洗顔の目的である、寝ている間の皮脂とゴミやホコリ、そして毛穴の汚れや古い角質を落とすということに着目した洗浄成分を含まずに美容成分を含んだジェルで拭き取るように汚れを落とす洗顔ジェルが注目されています。

 

この泡立てをせず、洗わない洗顔料は洗顔料に使用される洗浄成分を含まないことから、過剰な皮脂の落としすぎを減らせること、さらに美容成分に含まれる油分で肌の皮脂や汚れを絡め取っていくため、乾燥せずに潤いを保ちながら洗顔を行えるのがメリットです。

 

乾燥肌、敏感肌の方などは洗顔料すら刺激を感じてしまうことがありますので、この洗浄成分を含まず皮脂を落としすぎずに不要な汚れを落とし潤いを守れる洗顔料はおすすめしやすいです。

 

洗顔料を使うか、水だけで洗顔をするかでお悩みの方に新しい選択肢として、近年注目の朝の洗顔料と言えます。

 

 

おすすめの泡立てない洗浄成分ゼロの洗顔料はマナラ!

注目!おすすめ洗顔セット

ニキビ・大人ニキビを繰り返したくない人におすすめの洗顔セット


トップへ戻る