正しい朝の洗顔方法を見直しましょう

朝の洗顔では肌の汚れ具合が夜とは違いがあることを理解して行うことが大切です。
こちらでは洗顔料を使って洗う場合、使わずに水やぬるま湯で洗うそれぞれの洗い方のポイントと手順をご紹介します。

 

どちらの方法でもポイントは洗顔前の準備、水の温度、洗う順番、洗った後に気を使うことで洗い上がりの肌のつっぱりを減らせる、乾燥を防ぐというのに違いを感じやすくなります。

 

正しい洗顔の基本(洗顔料使用した場合)

洗顔前に手をキレイに洗う

顔と同様、手も色々な場所に触れていますし、汚れや細菌が付着している他、手が汚れていると洗顔料の泡立ちにも影響がありますので、まずは手洗いをしましょう。

 

予洗いはぬるま湯(30〜32度程度)ですすぐ

洗顔料を使う場合は一度、ここで予洗いをして肌表面の汚れを落とします。
こするようにすすぐのではなく、水をすくい上げ水で洗い流すようにすすぎましょう。

 

泡立てネットと少量の水を使って泡立てをしっかりと行う

洗顔料を使用する時はここで弾力と密度の濃い泡を作ることが大切です。
ただし、泡立てに時間をかけすぎると予洗いをした肌の水分が蒸発して乾燥を招いてしまいますので、短い時間でしっかりと泡立てられるように泡立て方法、泡立てアイテムを活用しましょう。

 

泡立てに時間をかけてしまっている方は、洗顔料に問題があるか泡立ての仕方に問題がある可能性があるので、見直しをする必要があります。

 

泡を乗せる順番は皮脂が多い箇所から

実際に泡を乗せる時は皮脂が多いTゾーンから泡を馴染ませていきます。
これは皮脂が少ない目元や口元に長く洗顔料が付くことによって皮脂を落としすぎるのを極力さけるためで、皮脂が多い箇所を後にしてしまうとその分、すすぎまで時間がかかってしまうので、皮脂が多いTゾーンや皮脂が多いと感じる箇所から泡を馴染ませていきます。

 

できるだけ泡の弾力を活かして手でこすらないように馴染ませる

泡で汚れを落とす時には、こすらないことが重要です。泡は汚れを吸着をしていきますので、必要以上に擦らずに乗せておくようなイメージで馴染ませることを意識しましょう。
馴染ませる時は円を描くようにゆっくり泡を密着させていきます。
洗顔料を使用する場合は洗顔料に含まれている界面活性剤による脱脂力によって肌の潤いを落としてしまうので、時間をかけすぎるのも良くないので、優しくは洗いますが、マッサージをするようみ数分も泡を乗せているということは朝の洗顔時は避けた方が良いです。

 

ぬるま湯で泡残りを起こさないようにしっかりとすすぐ

すすぎの水の温度も熱すぎるお湯や冷水ではなく、あくまでぬるま湯で落とすことがポイントです。
熱すぎるお湯は必要以上に皮脂を落としてしまうことに繋がりますし、冷水は毛穴を収縮してしまうので、汚れをすすぎ終わる前に残ってしまう可能性や冷水によって血管が収縮し血行が悪くなる可能性も指摘されていて、これによる顔の赤みにも繋がるケースがあるので、肌に刺激を感じないぬるま湯ですすぐようにすることをおすすめします。

 

洗顔料の泡残りは肌の汚れや皮脂を含んでいますので、肌トラブルの原因になります。
生え際やUゾーン、小鼻などの凹凸がある箇所までしっかりとすすぎを行います。

 

回数の目安は20回くらいで、使用する洗顔料の泡の量に合わせて回数を増やして、泡が残らないようにすすぎを行います。

 

ただしすすぎの時のしすぎ・こすりすぎに注意

洗顔フォームなどには保湿成分が含まれていることが多く、肌にしっとり感を与えますが、すすいでいる時にこのしっとり感がぬるつきに感じて何度もこするようにすすいでしまっている方は、結果的に乾燥を招きやすくなってしまうので、洗顔料の見直しも必要かもしれません。

 

すすぎの回数の意味は肌自体に残った泡をまんべんなく落とすという目的ですので、回数が目的になってしまうと、肌自体は泡が落ちているのに、必要以上にすすぎすぎる、すすぎの際に手でこすってしまうということに繋がってしまいますので、すすぎながらお肌の状態を確認しながら行うことをおすすめします。

 

タオルドライで肌を傷めないように注意

すすぎをしっかりと行って終了と言いたい所ですが、水分を拭き取るフェイスタオルの使い方も大切です。
洗顔を行った肌はかなり無防備な状態と言えます。(最低限の皮脂しか残っていないため)

 

この状態でこするように拭き取ってしまうと肌に負担が大きいので、優しく押し当てるように水分を拭き取りましょう。
また、使用するタオルが汚れてしまっていてはせっかく洗顔をした意味が無くなってしまうので、清潔なタオルを使用することをおすすめします。

 

また、タオルの素材が肌に刺激となっている場合もあるので、優しい素材のタオルに変えるのもおすすめです。

 

水やぬるま湯だけで洗う場合

水やぬるま湯だけで洗う場合には、基本的な洗い方を踏まえつつ、洗顔前の手洗いをすること、こするのではなく洗い流すようにすすぐというのを丁寧に行います。
水やぬるま湯で肌に負担をかけないように洗うつもりが、手で擦ってしまっているというケースがとても多く、肌に不要な負担をかけてしまいます。

 

朝は洗顔料を使う人も使わない人も両方いるかと思いますが、基本の洗い方は洗顔料を泡立てて付ける工程を省き違いはありません。
すすぎの水の温度、すすぎ方、すすぐ際の手に取る水の量に注意をして行うようにしましょう。

 

べたつき感が気になるという時には、洗顔料ではなく、拭き取り用の化粧水をつかって肌の潤いを守りながら余分な皮脂と角質を落とすのもおすすめです。

 

洗顔時にぬるま湯で洗うメリット

よく洗顔時のすすぎはぬるま湯で行いましょうと言われますが、この理由には熱すぎるお湯で洗った場合には必要以上に皮脂を落としてしまう、冷たすぎる水の場合は肌への刺激や毛穴を一時的に閉じてしまうことや皮脂を落としにくくなるため、顔の皮脂が溶けやすく、必要以上に落としすぎないためというのが挙げられます。

 

洗顔は肌の不要な汚れや皮脂を落とすためですが、必要な皮脂も落としてしまいやすいため、肌に必要な皮脂を留めておくためにぬるま湯で行うというのをおすすめしています。

 

朝の洗顔料総合ランキング

 

注目!おすすめ洗顔セット

ニキビ・大人ニキビを繰り返したくない人におすすめの洗顔セット


トップへ戻る