W洗顔セット

朝の肌に優しい洗顔料を選んで肌を目覚めさせる

朝の洗顔料を選ぶ時に意識したいのが、自分のお肌の状態に使用している洗顔料が合っているか?という点です。
特に夜の洗顔料と同じという場合には、朝の肌には少し洗浄力が高すぎるかもしれません。

 

朝の洗顔は夜と比べて汚れの度合いは低いものの、それでもホコリやゴミ、寝ている間に分泌される皮脂やスキンケア化粧品の油分などが肌に残っているため、洗顔料を使用した方が良い場合もあります。

 

こちらでは朝の洗顔料を選ぶ時に意識したいポイントについてお伝えしています。

 

朝の洗顔料選びのポイント

洗顔の役割からそれてしまわないように注意する

朝の洗顔は洗顔石鹸や洗顔フォーム、もしくは洗顔料を使わずに水だけなど、人によって考えがあるかと思いますが、基本は朝の洗顔の役割である不要な汚れを落とすことを意識して選ぶことが大切です。

 

洗顔後のスキンケアまで考えて選ぶ

女性の場合、朝の洗顔は、その後にスキンケアを行い、メイクをする方が多いですよね。
この場合、肌に油分を必要以上に多く残した状態はスキンケア化粧品の浸透を妨げてしまう場合があります。

 

スキンケアをしなくても良い肌の状態なら良いですが、メイクをするとなると保湿ケアはメイク持ちにも関わってきますので、洗顔料は汚れや余分な皮脂を落とし、潤いを供給するのは化粧水などで補うことを考えて洗顔料は必要以上に保湿成分を含んで皮脂の代わりに油分の膜を作るタイプよりも落とすべきものを落として素肌に戻すという働きができる洗顔料が良い場合があります。

 

泡立ちが良く素早く泡立つこと

洗顔時の肌の摩擦を減らすためには泡立ちが良いこと(ジェルタイプを除く)は欠かせないポイントです。
特に肌の汚れの度合いが夜よりも少ない朝の肌はこすりすぎによって皮脂を必要以上に落としてしまうことに繋がります。

 

また、顔を予洗いしてから洗顔料を泡立てますが、この泡立てに時間がかかってしまうと、水分は肌から蒸発し始めてしまいます。
これらを考慮して弾力があってへたりにくい泡が短い時間で作れる洗顔料を使うことをおすすめします。

 

成分はシンプルがおすすめ

成分がシンプルであることをおすすめする理由として、すすぎのしすぎによる乾燥を防ぐことが挙げられます。
洗顔ではしっかりとすすぎを行うことは大切ですが、必要以上にすすぎを行うのも皮脂の落としすぎに繋がります。

 

洗顔の回数の目安には20〜30回はすすぎましょうというのは、あくまで顔についている洗顔料をまんべんなく落とすために意識する回数であり、必ずこの回数を行うということではありません。使用している洗顔料や泡の量、泡切れによってはこれよりも少なくても良いこともあります。

 

成分がシンプルというのは、必要以上に保湿成分など洗い上がりのしっとり感などを与える成分などを多く含むことで洗っている間に感じるぬめりを落とそうとするためのすすぎの回数を増やさないためという点と不要な刺激を与えないということがポイントで、泡切れが良く、肌に洗浄成分を残さないためにも朝の洗顔料はシンプルで必要以上にすすぎをしないとヌルつきが落ちないタイプは避けることをおすすめします。

 

その上で仕上がりのつっぱり感に配慮した保湿成分を含んでいるタイプを選ぶかはお好みによって変わるということになります。

 

洗顔フォームよりも洗顔石鹸がおすすめされる理由とは?

洗顔フォームと洗顔石鹸は洗顔料の代表とも言える形状です。
ただ、最近では朝の洗顔料は洗顔フォームよりも洗顔石鹸の方がおすすめという声が多くなっていませんか?

 

この理由には

  • 洗顔フォームに含まれる合成界面活性剤が肌に負担を与える
  • 洗顔フォームは脱脂力が高く朝の洗顔時の肌には洗浄力が高すぎる
  • 必要以上に保湿成分が含まれていることによる疑似潤い効果がスキンケアの邪魔になる場合がある

これらが多い考えと言えます。

 

洗顔フォームに含まれる合成界面活性剤について

洗顔フォームには汚れを落とす(汚れや油分にくっつき落とす)ための洗浄成分として合成界面活性剤が使用されています。
合成界面活性剤は化粧品の場合、水分と油分を乳化(混ぜ合わせる)させる役割として配合されていますが、洗顔料やクレンジングなどには、汚れや油分にくっつく働きを活かして洗浄成分として配合されています。

 

そのため、汚れや余計な油分と混ざり合い落とすだけなら良いですが、必要以上に皮脂や角質層まで一緒に落としてしまう場合があります。
この働きによって、肌自体のバリア機能にダメージを与えてしまうと言われています。

 

脱脂力も同様で、必要以上に皮脂を落としてしまうことで、肌の保湿機能が低下し、結果的に乾燥しやすくなってしまいます。

 

そのため洗顔フォームの場合、夜のクレンジング剤やメイク汚れなどの油分を落とすのには洗浄力が高いことで、しっかりと落とせるものの、朝の肌にとっては洗浄力が高すぎると考える方が多いです。

 

>>洗顔料の界面活性剤の種類について

 

洗顔料の保湿成分について

洗い上がりの肌をしっとりとしているように感じさせてくれる洗顔フォームに多く配合されている保湿成分も朝の洗顔時にはメリットよりもデメリットが多い場合があります。

 

洗顔料に含まれる保湿成分は肌自体に潤いを与えているという役割ではなく、肌をコーティングするように膜を作って肌を潤っているようにしっとりと仕上げますが、肌の潤いは油分ではなく、水分が必要で、油分は肌表面に留まります。

 

そのため、肌表面はしっとりとしているものの、肌内部は潤い不足となってしまうわけですね。

 

もちろん、汚れを落としながら、最低限の保湿を補う役割として保湿成分を配合していることは良いと思いますが、過剰な保湿成分を配合しているタイプはそれだけ油分も多く含み、顔表面を油分で覆い、その後のスキンケア化粧品の浸透を邪魔してしまう場合があることを理解しておく必要があります。

 

また、洗顔料に含まれる美容成分などは、すすぎ時にほとんど洗い流されてしまうため、スキンケアと同じような働きは期待できないため、朝の洗顔では落とすべき汚れを落とし肌に無害な天然の界面活性剤で作られている固形の洗顔石鹸がおすすめされているというわけです。

 

 

洗顔石鹸でも保湿成分としてグリセリンやスクワランなどが配合されたタイプが登場しており、今までよりも石鹸だから肌がつっぱる、乾燥を感じるということに対して配慮されるようになってきたことも洗顔フォームよりも洗顔石鹸がおすすめされている理由と言えます。
もちろん、洗顔フォームにもメリットと言える点はあるので、あくまでも自分のお肌の状態に合わせて選ぶことが大切です。


 

>>洗顔フォームの特徴やメリットをチェック
>>洗顔石鹸の特徴や使い方をチェック

 

朝の洗顔料総合ランキング

 

イチオシ洗顔!

ホワイトベール フェイスウォッシュ

 

洗浄成分を含まない美容成分で落とす洗顔料

注目!おすすめ洗顔セット

ニキビ・大人ニキビを繰り返したくない人におすすめの洗顔セット



夜の洗顔

関連ページ

朝洗顔の役割と必要性について
朝の洗顔の役割と必要性について解説しています。洗顔自体の基本的な役割と朝の洗顔の時のポイントもまとめています。
正しい朝の洗顔方法
肌に負担をかけないための朝の洗顔方法をご紹介します。洗顔時の洗う順番や洗顔料を使わずに水やぬるま湯で洗う時のポイントについても解説しています。
肌を老けさせてしまう朝の洗顔NG習慣
毎日何気なくしてしまいがちな朝の洗顔時のNG習慣についてまとめました。間違った洗顔方法は肌を老けさせてしまう要因にもなります。スキンケアの基本でもある正しい洗顔のためにもNG習慣をしていないかチェックしましょう。
季節に合わせた朝の洗顔
春・夏・秋・冬それぞれの季節に合わせた朝の洗顔方法や洗顔料の使い方について解説しています。
水洗顔の方法とメリット・デメリット
朝は洗顔料を使用せずに水だけで洗顔をする水洗顔が人気です。こちらでは水洗顔の方法とおすすめの肌質、水だけ洗顔のメリット、デメリットについて解説しています。
洗顔料の界面活性剤の主な種類と特徴
洗顔料に含まれる界面活性剤の主な種類と特徴について解説しています。合成界面活性の中で肌に優しい種類はあるのかという点についてもご紹介しています。
洗顔でつっぱりが起きる理由
洗顔後の肌がつっぱる理由を肌の状態が分かる良いつっぱりと、つっぱりを招いてしまう悪いつっぱりの違いを交えて解説しています。
洗顔の泡立ての重要性とは?泡の量と洗浄力は関係ある?
洗顔時に使用する洗顔料の泡立てをしっかりとする理由や重要性と泡の量と洗浄力の関係性について解説しています。また泡立ての方法についてもご紹介します。
朝の洗顔後の保湿・スキンケア
朝の洗顔後の保湿ケアのポイントとスキンケア方法について解説しています。また、朝と夜のスキンケアの違いについてもお伝えしています。
氷水や冷水洗顔の効果〜メリット・デメリット
朝の洗顔法としても知られる氷水洗顔や冷水洗顔の効果について氷水や冷水洗顔のメリット・デメリットを交えて解説しています。
いちご鼻対策〜朝と夜の洗顔ポイントとNG習慣
毛穴が目立ついちご鼻対策の洗顔について解説しています。朝と夜の洗顔ポイントや洗顔時におすすめできないNG習慣をご紹介します。
泡洗顔は朝の洗顔におすすめ?その魅力と注意点
モコモコな濃密泡で洗う泡洗顔は朝の洗顔には向いているのかという疑問を泡洗顔の魅力や注意点を交えて解説しています。
米ぬか洗顔の魅力と効果は朝の洗顔にもおすすめ!
古くから日本人に親しまれている米ぬかを使った洗顔「米ぬか洗顔」の魅力や肌に優しい効果と朝の洗顔にもおすすめの理由について解説しています。米ぬか洗顔に興味がある方のために洗顔方法もご紹介します。
美白に役立つ洗顔選び
シミやくすみといった肌の透明感を損なわせるお肌のお悩みを解消するための美白ケアに役立つ洗顔料の選び方とおすすめの美白洗顔料をご紹介しています。
マツエクをしている時の洗顔・長持ちさせる洗い方
マツエクをしている時の洗顔時の注意点や洗顔料選びのポイントをご紹介します。マツエクに負担をかけずに長持ちさせる洗い方の手順もお伝えしています。
炭酸洗顔と朝の洗顔の相性は?
炭酸洗顔と朝の洗顔の相性を洗顔効果とメリット、洗顔方法を交えて解説しています。
オーガニック洗顔は朝洗顔におすすめ?
素肌を育てて不要な成分を含まない自然原料の洗顔料を使ったオーガニック洗顔が朝の洗顔におすすめのポイント、洗顔料の選び方について解説しています。
牛乳石鹸が洗顔にもおすすめの理由|赤箱と青箱の特徴
カウブランドの牛乳石鹸は洗顔料としても評判です。牛乳石鹸の中でも知名度が高い赤箱、青箱の2種類の特徴を交えて、その魅力をご紹介します。
酵素洗顔は朝の洗顔にも使える?
角栓や肌のくすみ対策に役立つことで知られる酵素洗顔は朝の洗顔にも使えるのかという疑問について酵素洗顔の効果や特徴を交えて解説しています。
ふき取り化粧水で朝の洗顔をするメリットは?
朝に洗顔料を使わずにふき取り化粧水で汚れを落とすメリットについて解説しています。また、肌に負担をかけないふき取り化粧水での洗顔時のコットンの使い方についてお伝えしています。
はちみつ洗顔の魅力と洗顔方法
朝の洗顔にもおすすめのしっとりとした洗い上がりが好評なはちみつ洗顔の魅力と洗顔方法をご紹介します。
香りが良い洗顔料を選ぶ時のポイント
毎日使う洗顔料選びは肌をキレイにするだけでなく、使っていて気分が良くなる香りも気になりますよね。こちらでは香りが良い洗顔料選びのポイントをお伝えします。
洗顔ブラシの効果と正しい使い方・お手入れ方法
洗顔アイテムの一つ洗顔ブラシの効果と肌を傷めずに使うための使い方、お手入れ方法についてお伝えします。
しわ対策に役立つ洗顔方法と洗顔料選び
年齢と共に気になりだすしわ対策のための洗顔方法や洗顔料の選び方について解説しています。朝・夜それぞれの洗顔時に注意したいポイントなどもご紹介しています。
肌にざらつきを感じる時の洗顔方法
肌のざらつき、ゴワつきが気になる肌に適した洗顔方法や洗顔料選びについて解説しています。
顔のむくみ解消に役立つ洗顔
顔のむくみが気になる時におすすめの朝の洗顔方法をご紹介しています。
乳液洗顔とは?洗顔方法とスキンケア効果
乾燥肌や敏感肌にも優しく汚れを落とせると人気の乳液洗顔の方法やスキンケア効果について解説しています。
メイクしたまま寝た翌朝の洗顔のポイント
メイクをしたまま寝てしまった翌朝の洗顔の注意点と洗い方について解説しています。
正しいクレンジングの方法と手順とは?
肌に負担をかけないクレンジングの基本的な方法をご紹介します。ほぼ毎日行うことが多いクレンジングで肌に負担をかけないためにおさらいしましょう。
夜の洗顔のコツ・就寝前の洗顔方法と手順【みんなの洗顔方法】
夜眠る前の洗顔は美肌維持にとても重要です。多くの方が行っている洗顔の方法と洗顔後のスキンケア方法をご紹介します。肌の汚れを落としながら潤いを加える化粧水や美容液など、夜の洗顔に愛用されているアイテムもご紹介します。