美白に役立つ洗顔選びとシミ・くすみ対策のための洗顔の役割

美白に役立つ洗顔

年齢を重ねて表れるシミやくすみといった肌の透明感を損なわせる肌のお悩みは普段のスキンケアを地道に続けることが大切です。

 

こちらではそんな美白スキンケアに取り組む方の洗顔料選びのポイントと洗顔の役割についてお伝えします。

 

美白に役立つおすすめ洗顔料

 

二十年ほいっぷの特徴

美白洗顔と言えば二十年ほいっぷです。肌のくすみを起こす、皮脂によるくすみと角質層のくすみの二つにアプローチすることを考えて作られた洗顔料です。

密度が濃く、弾力ある泡は肌に密着した酸化した皮脂を優しく絡め取るように落とし、不要になった古い角質と共に落としてくれます。

また、角質層のくすみには栄養価が高く、保湿性にも優れたホエイを配合、この二つの特徴を掛け合わせるための釜練り製法を採用して作られているのが特徴です。

他にもプラセンタエキス、ヒトオリゴペプチド-1、コエンザイムQ10、ビタミンCやアミノ酸といった成分を配合し、潤いを補いながら、透明感のある肌の土台作りをサポートしてくれます。

価格 1,886円
評価 評価5
備考 120g 約1か月分 フォーム・ホイップタイプ
 
 

いるじゅらさの特徴

肌の不要になった古い角質を落としながら、毛穴の汚れまでしっかりと落とし、ターンオーバーを整えるように洗える洗顔料です。
ミネラルを豊富に含んだ沖縄の海泥「くちゃ」は肌への馴染みもよく汚れを効率良く絡め取る囲いのような構造で粒子の細かさを活かしながら汚れを落としてくれます。

また、馬油や馬プラセンタを配合しているため、洗い上がりの肌を滑らかに仕上げてくれます。

特に肌のくすみが気になっている方におすすめですが、肌のターンオーバーが停滞していると感じる方の角質ケアもサポートしてくれます。

価格 3,800円⇒1,980円
評価 評価5
備考 120g ホイップタイプ
 
 

どろ豆乳石鹸どろあわわの特徴

しっかりと肌の汚れを落とし、素肌へとリセットしてくれる洗い上がりが人気のどろ豆乳石鹸どろあわわは、二つの泥成分で肌の汚れを落とし、古い角質の除去に加えて、毛穴の汚れまでサッパリと洗いあげてくれます。

洗顔で失われやすい皮脂や保湿成分を補う豆乳発酵液とヒアルロン酸、コラーゲンを配合しています。

泡の密度や弾力もどろあわわの魅力でもあり、泡洗顔に興味がある方にもおすすめの泡の質が良いことで評判の洗顔料です。

価格 2,980円⇒定期コース1,490円
評価 評価5
備考 110g クリーム状石けん
 

 

シミ・くすみ対策のための洗顔の役割

スキンケア化粧品の働きをスムーズにする

美白に取り組む場合は美白有効成分などを与えるスキンケアが基本で大切ですが、そのスキンケア化粧品の働きをスムーズにすることが洗顔では大切なポイントです。

 

このポイントで大切なのは洗顔の目的に忠実であることで、肌の汚れや過剰な皮脂を落とし素肌に戻すということが大切になってきます。
洗顔料にも保湿成分などを多く配合して洗い上がりをしっとりとさせてくれる洗顔料も増えていますが、美白スキンケアを行う場合、洗顔の肌に必要以上に油分の膜(保湿成分の膜)があると、化粧水の水溶性の保湿成分や美白成分の浸透を邪魔してしまう場合があります。

 

シミ・くすみ対策の洗顔は不要な古い角質を落とすこと

美白洗顔の目的

シミやくすみといったお肌の状態は肌にメラニン色素を含んだ角質が定着している場合や古い角質が残ってくすんでいるといったケースが多いです。
洗顔では美容成分などを与えるのではなく、不要な汚れ、皮脂、古い角質を落としてターンオーバーを正常に保つことが重要になります。

 

美白のための洗顔料選びのポイント

配合されている美容成分よりもどんな洗顔料なのかをチェック

洗顔料にも美容成分や保湿成分、美白成分などを配合している洗顔もありますが、基本的には洗顔料に含まれる成分はすすぎと共に流されてしまうため、肌にはほとんど残りません。

 

そのため、豊富な美容成分を配合していることではなく、洗顔料の界面活性剤の種類や泡の質といった洗顔料本来の働きがしっかりとできるかをチェックしましょう。

 

肌の透明感を高める洗顔はくすみ対策に効果的

メラニン色素の黒化によってシミとして肌に定着している状態ですので、地道に肌のターンオーバーを早めず、遅らせずに正常に保てるように不要になった古い角質を落としてサポートします。

 

対してくすみは肌に蓄積した古い角質によって透明感が失われて暗い印象を与えているのも一つの原因なため、洗顔の目的と解消のためのポイントが一致している点から、くすみ対策は洗顔でも違いを感じやすいです。

 

口コミでも多いですが、洗顔を続けることで、肌のトーンが明るくなったというのは、肌に溜まっていた不要な古い角質を落とすことによって本来表面にあるべき皮膚が出ていることでもあり、水分を含み健康的な若い皮膚は透明感など、肌に明るい印象を与えてくれます。

 

クレイ洗顔・酵素洗顔は肌の透明感を高めるのに役立つ洗顔の一つ

クレイ(海泥など)洗顔料は古い角質を落とし、さらに毛穴汚れまで吸着するように落としてくれるため、美白洗顔料としてもおすすめです。
天然の海泥にはミネラルも豊富ですし、肌との馴染みもよく、粒子が細かいこともあり、肌の凹凸にも素早く馴染んでくれます。

 

また、酵素洗顔は毛穴周りの黒ずみや詰まりなど、目立つ毛穴のケアに役立つたんぱく質分解酵素を配合した洗顔です。
毛穴の詰まりの原因でもある角栓や古い角質もたんぱく質が主な成分なため、このたんぱく質を分解するのに働きかけるたんぱく質分解酵素による角質ケアは肌のターンオーバーの停滞を解消するのに役立つ洗顔の一種です。

 

目元のクマは洗顔で解消できる?

目元の印象を暗くするクマが気になっている方は多いです。

 

目のクマの種類には

  • 血行不良などが影響している青クマ
  • 目元の皮膚のたるみやくぼみとなり影になっている黒クマ
  • 紫外線や肌の摩擦による影響でできやすい茶クマ

以上の3つがあります。
この3つのクマのうち洗顔が影響しやすいのは黒クマと茶クマの二つと言われいます。

 

黒クマは摩擦が影響で肌にダメージを与える可能性

黒クマは年齢によって肌を支える真皮層のコラーゲンやエラスチンといった成分が減少することで、くぼみやたるみが生じます。
洗顔では肌の摩擦によって真皮層に負荷がかかり、たるみやしわの原因になる場合があるので、洗顔ではこすらない洗い方を取り組むことが大切になります。

 

茶クマは摩擦による影響に加えて肌のターンオーバーを促す洗顔

茶クマは普段の生活の中で浴びる紫外線による影響と、メイクやクレンジング、洗顔時の摩擦によって色素沈着を起こしている状態でもあります。
普段、目をこすってしまうといった癖も摩擦を起こしやすいです。

 

洗顔では摩擦を起こさない洗い方や洗顔料選びに加えて、停滞している肌のターンオーバーを促す洗顔をしていくことが、スキンケアの働きをスムーズにしてくれます。

 

シミ・くすみ・茶クマは日々の紫外線対策の積み重ねも重要

紫外線による影響はシミやそばかすの原因というイメージが定着しています。
ただ、紫外線の影響は他にも肌の乾燥、肌の真皮層のコラーゲンやエラスチンにダメージを与えしわやたるみの原因にもなります。

 

また、紫外線によって酸化した皮脂などは肌に定着し、肌トラブルやターンオーバーにも影響を与えることがわかっています。

 

そのため、洗顔やスキンケアは重要ですが、紫外線から肌を守るUV効果が得られるクリームや化粧下地、ファンデーションの活用など、単純ではありますが、もっとも取り入れやすい紫外線対策と言えます。

 

朝の洗顔料総合ランキング

 

イチオシ洗顔!

ホワイトベール フェイスウォッシュ


関連ページ

朝洗顔の役割と必要性について
朝の洗顔の役割と必要性について解説しています。洗顔自体の基本的な役割と朝の洗顔の時のポイントもまとめています。
正しい朝の洗顔方法
肌に負担をかけないための朝の洗顔方法をご紹介します。洗顔時の洗う順番や洗顔料を使わずに水やぬるま湯で洗う時のポイントについても解説しています。
肌を老けさせてしまう朝の洗顔NG習慣
毎日何気なくしてしまいがちな朝の洗顔時のNG習慣についてまとめました。間違った洗顔方法は肌を老けさせてしまう要因にもなります。スキンケアの基本でもある正しい洗顔のためにもNG習慣をしていないかチェックしましょう。
季節に合わせた朝の洗顔
春・夏・秋・冬それぞれの季節に合わせた朝の洗顔方法や洗顔料の使い方について解説しています。
水洗顔の方法とメリット・デメリット
朝は洗顔料を使用せずに水だけで洗顔をする水洗顔が人気です。こちらでは水洗顔の方法とおすすめの肌質、水だけ洗顔のメリット、デメリットについて解説しています。
朝の肌に優しい洗顔料の選び方
朝の洗顔時に使いやすい洗顔料の選び方について解説しています。
洗顔料の界面活性剤の主な種類と特徴
洗顔料に含まれる界面活性剤の主な種類と特徴について解説しています。合成界面活性の中で肌に優しい種類はあるのかという点についてもご紹介しています。
洗顔でつっぱりが起きる理由
洗顔後の肌がつっぱる理由を肌の状態が分かる良いつっぱりと、つっぱりを招いてしまう悪いつっぱりの違いを交えて解説しています。
洗顔の泡立ての重要性とは?泡の量と洗浄力は関係ある?
洗顔時に使用する洗顔料の泡立てをしっかりとする理由や重要性と泡の量と洗浄力の関係性について解説しています。また泡立ての方法についてもご紹介します。
朝の洗顔後の保湿・スキンケア
朝の洗顔後の保湿ケアのポイントとスキンケア方法について解説しています。また、朝と夜のスキンケアの違いについてもお伝えしています。
氷水や冷水洗顔の効果〜メリット・デメリット
朝の洗顔法としても知られる氷水洗顔や冷水洗顔の効果について氷水や冷水洗顔のメリット・デメリットを交えて解説しています。
いちご鼻対策〜朝と夜の洗顔ポイントとNG習慣
毛穴が目立ついちご鼻対策の洗顔について解説しています。朝と夜の洗顔ポイントや洗顔時におすすめできないNG習慣をご紹介します。
泡洗顔は朝の洗顔におすすめ?その魅力と注意点
モコモコな濃密泡で洗う泡洗顔は朝の洗顔には向いているのかという疑問を泡洗顔の魅力や注意点を交えて解説しています。
米ぬか洗顔の魅力と効果は朝の洗顔にもおすすめ!
古くから日本人に親しまれている米ぬかを使った洗顔「米ぬか洗顔」の魅力や肌に優しい効果と朝の洗顔にもおすすめの理由について解説しています。米ぬか洗顔に興味がある方のために洗顔方法もご紹介します。
マツエクをしている時の洗顔・長持ちさせる洗い方
マツエクをしている時の洗顔時の注意点や洗顔料選びのポイントをご紹介します。マツエクに負担をかけずに長持ちさせる洗い方の手順もお伝えしています。
炭酸洗顔と朝の洗顔の相性は?
炭酸洗顔と朝の洗顔の相性を洗顔効果とメリット、洗顔方法を交えて解説しています。
オーガニック洗顔は朝洗顔におすすめ?
素肌を育てて不要な成分を含まない自然原料の洗顔料を使ったオーガニック洗顔が朝の洗顔におすすめのポイント、洗顔料の選び方について解説しています。
牛乳石鹸が洗顔にもおすすめの理由|赤箱と青箱の特徴
カウブランドの牛乳石鹸は洗顔料としても評判です。牛乳石鹸の中でも知名度が高い赤箱、青箱の2種類の特徴を交えて、その魅力をご紹介します。
酵素洗顔は朝の洗顔にも使える?
角栓や肌のくすみ対策に役立つことで知られる酵素洗顔は朝の洗顔にも使えるのかという疑問について酵素洗顔の効果や特徴を交えて解説しています。
ふき取り化粧水で朝の洗顔をするメリットは?
朝に洗顔料を使わずにふき取り化粧水で汚れを落とすメリットについて解説しています。また、肌に負担をかけないふき取り化粧水での洗顔時のコットンの使い方についてお伝えしています。
はちみつ洗顔の魅力と洗顔方法
朝の洗顔にもおすすめのしっとりとした洗い上がりが好評なはちみつ洗顔の魅力と洗顔方法をご紹介します。
香りが良い洗顔料を選ぶ時のポイント
毎日使う洗顔料選びは肌をキレイにするだけでなく、使っていて気分が良くなる香りも気になりますよね。こちらでは香りが良い洗顔料選びのポイントをお伝えします。
洗顔ブラシの効果と正しい使い方・お手入れ方法
洗顔アイテムの一つ洗顔ブラシの効果と肌を傷めずに使うための使い方、お手入れ方法についてお伝えします。
しわ対策に役立つ洗顔方法と洗顔料選び
年齢と共に気になりだすしわ対策のための洗顔方法や洗顔料の選び方について解説しています。朝・夜それぞれの洗顔時に注意したいポイントなどもご紹介しています。
肌にざらつきを感じる時の洗顔方法
肌のざらつき、ゴワつきが気になる肌に適した洗顔方法や洗顔料選びについて解説しています。
顔のむくみ解消に役立つ洗顔
顔のむくみが気になる時におすすめの朝の洗顔方法をご紹介しています。
乳液洗顔とは?洗顔方法とスキンケア効果
乾燥肌や敏感肌にも優しく汚れを落とせると人気の乳液洗顔の方法やスキンケア効果について解説しています。
メイクしたまま寝た翌朝の洗顔のポイント
メイクをしたまま寝てしまった翌朝の洗顔の注意点と洗い方について解説しています。
正しいクレンジングの方法と手順とは?
肌に負担をかけないクレンジングの基本的な方法をご紹介します。ほぼ毎日行うことが多いクレンジングで肌に負担をかけないためにおさらいしましょう。